こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

新しい訪問リハビリの人が契約にきましたが。。

先月で一年間お世話になった訪問看護ステーションさんとの契約が終わりケアマネさんがさがしてきてくれた新しい訪問看護ステーションから来た看護士さんとPTさんが契約に来ました。

 

第一印象。

臭い。物凄い?私の鼻が良すぎるのか?頭が痛くなるくらいの香水の匂い。

気持ちが悪い。ケアマネさんも帰ってしまったので本人にそんなこと言えないし。困った(・_・;)

仕事ができる人なのか?できない人なのか?以前にこの人がこれ以上近くに来てリハビリしてくれたら、多分吐く。。。

付けマツゲにお顔キラキラ化粧してるのは別に良いけど。匂いはたまらん(>_<)

彼女たちが帰宅後雨が降っていたけど窓を全開換気扇をフル稼働なかなか臭いは消えず。。。ツラタン(*´Д`*)

 

世間ではわざわざ匂いを付けるビーズを洗濯機に入れて洗濯してる人もいるけどさー。

外国人のように体臭そんなに凄くないんだから、やらなくてもいいんでないかい?

どうしても気になるならファブリーズか汗かいたときのスプレーとかに~(>_<)とか思いつつ。

 

一晩悩んだ末にお断りする事にしました(・_・;)

 

私は元々サービス業。

色んなお客さんと接するので、けしてそんな事はしてきませんでした。

 

それがまかり通る訪問看護

事業主がそういう考え方ならやはりお断りするなー。

 

本人だけそのくらいならいいかーって考え方なら。

 

他人様の家に入る。個人情報もまるわかりになる。

(私も発病前は訪問して絵を教えていました。)

契約上外に漏らしません。

とあるけど、自分に甘い時点で

「このくらなら大丈夫」

心理が働く人なので、信用することはできません。

 

という、私の仕事脳が判断(・_・;)

 

------------

 

契約に来てくれたとき、看護士さんが私の身体の状態をチェックしました。

ざっと2ヶ月外出もほぼせず。出歩いたのは富士急へのドライブとお伊勢さんだけ。

全て車移動。

この2ヶ月で体重が6キロ増えました(*´Д`*)

普通に食べてあとはほぼなんもしない生活ですかね^_^;洗濯物も干さないしご飯も気が向いたときしか作らない^_^;

 

先月まで大学が夏休みで子供たちがなんでもしてくれるのもあり、甘えまくり、太りまくりました(;゚д゚)

そう。私はいつも書く?ようにいわゆる

「へたれ」です。

私が高齢者ならいざしらず。

45才でこの低落ぶり^_^;

 

まぁ、自分を擁護するのなら、動かない分指の自主トレしたもん!!!(ゲームで^_^;)

 

…自分で書いてて恥ずかしいやつや…_| ̄|○

 

いかんいかん。

最近テレビでみている「赤毛のアン」(アニメ)のアン並みの話の脱線ぶり_| ̄|○

 

そう。身体のチェックの話。

最近は歩かなすぎで足首意識するの忘れると床に擦るんですよ。

看護士さんはきっと筋肉ナエナエだと思ったみたい。

座って膝を外側内側に力をいれることを10回づつやりました。

驚いてましたよ。

「回数が増えるたびに力強くなってく」って

「自宅でスクワットも筋トレもしてなくてどうやって筋肉を維持してるの!?」って

 

え?意識とイメージですよ?

ゲームしててもテレビ見てても意識は常に少ししてますよ?

 

「それって一番難しい事ですよ?物凄く几帳面ですか?」

 

契約書にサインした字の通りで、テキトーでそれなりの形になってればOKな雑な人間ですよ^_^;

 

などのやりとりがありました。

 

全くの初対面の人に判断してもらってもそういってもらえるのははげみになるね(・∀・)