こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

腕から手を動かす(脱力)

私はあまり、脱力麻痺の方を沢山しらないのですが、

知り合った脱力麻痺の方々を見ていて思ったことなどを

 

脱力してしまう麻痺の方でも緊張が入るとお腹側に少し腕が曲がる人もいるんですよね。

皆そうなのかは良く知りませんが( ゚д゚)

 

それでも、年齢にもよるとおもいますが、筋肉は着くようです。

当然物凄く頑張る必要があるそうです。

 

でも、結局は硬くなる、麻痺と同じ内容のリハビリになるのですが。

 

関節に痛みの出ない程度に

筋肉は腕を曲げ伸ばしするだけでも筋トレになっていますし、兎に角、健康側の手で動かす。サポートしながら軽い負荷をかけていく。

麻痺の腕を忘れないようにする。

少しでも動くところをより動かして刺激を入れる。

顔が歪むほど頑張らない。

肩から指先まで全てを忘れずに動かす。

優先は肩。指先。

やる時は

ただ動かすのではなく、しっかりと力を入れるイメージをしながらやる。

筋肉がどう動いているのか?目視

この麻痺腕はこの位の力が出た。など思い出す。

 

腕が記憶喪失になっていると思うのもいいのかも?(笑)

 

腕を動かすだけなら、マッチョのような筋肉は入りません。

ほんの少し筋肉が付けば動かすだけのパワーはあります。

飢餓に苦しむやせ細った人達でも歩くし、腕も動きますからね( ゚д゚)

 

(硬)でも書きましたが。

人任せにしてもさほど動くようにはなりません。

お金を積んでも無理なものは無理。

そこまでの努力をする必要が自分にあるのか?ないのか?

そのへんも悩ましい事なのかもしれないですね(`・ω・´)