こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

少し話しが脱線してボトックスって?

続きの2を書こうと思っていたのですが、

ちょっと疑問に思った事を。

 

ボトックスについて私が知っていること

 

ボトックスは数ヶ月しか効かない。

打ち続けるとそこの筋肉がダランダランになってしまって逆に硬くならなくなる

費用が高い。両手で100万くらいかかるらしい。

それでも打ち続けると10年くらいで多少うごくようになっている人もいる。

 

この「10年くらいで多少うごく」

これは。

良くなって動いているの?

年間何回打ってるの?

それとも副作用が丁度いいくらいまででたから?

リハビリのおかげ??

 

私も腕が内側に曲がって手は爪が食い込むくらいの、グーになってしまっていた時があったので、なんとかしたい。せめて緩くなりたい気持ちは良くわかります。

手のひらの中が清潔に保てないし、常に力こぶができていて腕全部痛くて辛い

私はたまたま電気治療が合って?合わせて?

固まって固定にならずにすんだけど。

 

足が固まった人(内反足の酷い人も)で外科手術をしてなんとか歩けるようになったという人もいました。

 

まだ発病して1年たたない人達はこうならないように死ぬ気で全身の力を抜く練習と力が入りやすい筋肉のストレッチをできるかぎりやり続けてボトックスを打たなくても良いようになるといいですね

 

(私はまだ発病して1年半くらいなので、年数がたった麻痺がどういうものなのか?わかりません。

でも、私は今も麻痺は順調に回復しています。

なので時間が経っていても治るんじゃないかと思っています。ただ条件があります。リハビリを楽しむ。義務にしない。仕事にしない。今の自分の身体が治るのに求めているの内容を無理せず正確に故障なくやり続ける。自己満足のリハビリでは無理)

 

できるかぎり

というのは、寝ている時ご飯の時以外全てです。(ちょっと大袈裟?そうでもないですよ?)

 

私は入院中、柔らかくなるまでそのくらいやりつづけました。

 

朝起きたら目を瞑ったまま、全身どうなっているか?チェック。

 

朝食後、病院の中庭で瞑想。5~10分して全身リラックス

 

ストレッチの時は、硬いものが伸びるイメージを必ず明確にしていました。

 

あとは、病院の辛気臭い臭いの所ばかりにいるのは良くないと直感したので、ほんの少し窓が空いたので外の空気を最低でも1日1回は吸いました。

 

 病気は万人にいい人にも悪い人にも平等に降りかかるけどお金と治療は平等ではない。