こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

過去ログ9 入院中の腕と足

この病気になって1番

『困った』

と初めておもったのが指。グーになってうごかすことができない。爪が手にくいこんで痛い(T_T)
うでも内側に曲がっていて自力で伸ばせない。

発病して1ヶ月後がこんな感じでした。
入院したばかりの時は普通に動いていて日に日に動かしずらくなり、そしてダラーンと動かなくなって、動かない手足を念力をしているような感じで脂汗流しながらムリクリちょびっと動かし、リハビリ病院に転院して初めてのリハビリのとき、麻痺指を動かしてといわれ、やってみたら…


『動かない』


正直なにが起こったのか理解するのに時間がかかりました。

転院してすぐは、検査がメインで2日ほどはリハビリなかったと思います。
その間に動かなく?ちょびっとも動かせなくなっていた。

その動かない伸びない指をリハビリのN先生が伸びるように動くようにキッカケをくれました。
この時、また動かなくなる恐怖があり、この感覚を忘れないようにしようと決めました。N先生はリハビリの度に、筋肉の本を見せてくれて、
「今この筋肉をこう動かしていて、だから、この指が動くんだよ」
と丁寧に教えてくれました。
その先生は数日で担当が変わってしまったのですが、それらを全てを麻痺腕の筋肉の動き感覚の全てをより細かく繊細に感じ正確に動かせるようにすることにしました。


そのために、昔の剣豪や伝記にある第六感を開眼することにしました。
高校では『アソカ』という瞑想の時間が週1で一時間ありました。
ヨガでも瞑想をしていたので、後は自分がそれらを組み入れて一番自分に合うやり方を見つけてやりました。
まず耳が物凄くよく聞こえるようになり、足音でだれが来たかわかるようになり、足音のリズム、ズリ具合からその人の身体のバランス、身体の不調、後遺症などがわかるようになりました。その感覚を自分の麻痺した腕足に応用。


セラピストさんが
「ここを動かして」
と触る場所を単体で動かす事ができるようになりました。


それを反復を繰り返し脳に覚えさせました。

目が白黒するくらい脳が疲れました。昼食後は、必ずベッドに横になり眠れなくても、目を閉じて『休む』と決めて脳と麻痺手足を休ませ、麻痺手足に電気をつけてるときでも、必ず横になり『休む』ことをしました。

この場合は脳を休ませるので、電気をしていても筋肉へのアプローチのみ。

(集中していない)

起きて居るときの電気は筋肉とその筋肉の動きを覚えるための脳へのアプローチの両方。

(集中している) 

分離単体での動きリハビリじゃないときの筋肉へのアプローチをするときは、いかに効率よく自分にとって楽につづけられてお得かを考え、たとえば、手の健をのばす時はついでに足首を上げるリハビリを併用したりなど(笑)これらが自主トレです。
腕でまずぶち当たった壁は机拭き。

できない。

そんなときまたまたN先生登場。
「両手で同じ動きをしてどこがちがう?」
私は
「麻痺側は腕が重い!」
なるほど、腕を軽くすればいいのか!
腕を支えるのは肩だ!
鏡で自分の身体をみると、麻痺側は肩はずり下がってて、腕手はパンパン。
肩の筋肉がほぼなくて、骨の形が浮かんでいる((((;゜Д゜))))


そこで私は肩の筋肉をつけることにしました。


やり方はお勧めできませんが。
リハビリ室のベッドで四つん這いになる。
麻痺してないほうはいつでも全体重をささえられる準備をして麻痺側の腕が曲がらないように注意しながら。


その結果机拭きは簡単にできるようになりました。

 

その後
私はN先生にききました。
「前の病院で手は治りが遅いし固まりやすいと聞いていたのですが、そうですか?指と腕どちらを優先させたらいいですか?」 

N先生
「たしかにそうですね。直りやすさでいえば胴体に近い所のほうが治りやすいと言われています。先にいくほど時間がかかります。が、腕だけ動いて手がうごかなかったら、取ることも動かすこともできないですね。逆に手が器用に動くようになっても腕がうごかなかったら使えないですし、両方重要です。」

同じ事を何度も聞いたと思いますが、嫌な顔ひとつしないで毎回丁寧に答えてくれました。
なるほど。。じゃぁ両方やろうと決めました。

肩の垂れ下がりはなかなか直らずY先生に聞いてみたら良い方ほうを教えてもらい、数日で肩はかなり上がってきました。

 

やり方は
うでを前で組む良い方で麻痺腕をささえる。そして、良い方で麻痺側と良い方両方を真上に持ち上げる。
つまり、恰好でいうと首をすくめる。それをゆっくり数回くりかえす。ドスンと肩をおとしてはダメ。痛みがでるときはやらない。それを暇なときにやる。

 

暇?な時の自主トレは腕のストレッチをして肩を持ち上げ、足はスクワット。


ベッドに転がって休んでいるときは足首のリハビリ。上向きで寝転び、かかとをつけたままひざを立てたり伸ばしたり。

 

自主トレは、良い方もふくめての寝ころんで伸びるからはじめるできる範囲のストレッチ。四つん這い、おしり上げ、指が固くなったら指のストレッチと腕の健伸ばし、うでを寝ころんで角度を決めて止めるおでこの上にのせてキープなどなど、なれてきたら、両手でゆっくり同じ動きをする。脚上げ腹筋。膝まげ腹筋、などなどそんなことを毎日しました。

日曜日はリハビリ室が空いているので、脚は立て膝になりベッドのうえを歩き回り、退院するころには歩腹前進。(こんなことをする人は居ないそうです。)
歩腹前進ができたら、腕、指を動かすのがものすごく楽になりました。

入院半ばでは、リハビリノイローゼになり、夜ねむっていても、明日はなにをしてみよう?何ができるかな?なにをする事ができるかな?と考えながら眠っていたのだけど、なんと、眠りながら麻痺手足が勝手に自主トレをしていて目が覚めて眠れない!!Σ(・ω・ノ)ノ

そこで一泊二日で帰宅しリフレッシュしました。
友達がドライブに連れてってくれて映画にもつれてってくれました。
大きなショッピングモール、岐阜県最大級モレラ(笑)
そこでは映画を観て、外食。あとは通路の椅子に座り歩く人をとにかく観察しつづけ自分の歩き方となにがちがうのかを研究。
手の普通をふりや形角度などを観察。
数時間見てたと思います。良き友をもちました。

 

私の腕のリハビリ病院での終着点は髪を結ぶことができる。でした。
自力で頭まで手を持って行くところまでできるようになりました。指もなんとかうごかせるようになり、あとはゴムを伸ばす力だけになりました。

そこで、毎度お馴染みの鬼(お風呂の件)が登場して、そこで終了。

一番わるいときから退院までに、よくわからないのですが、幼少期の事をよく思い出し、つぎはコレができそう。とか動物番組の鳥の雛が飛ぶ練習をしている映像などなどがよく頭にうかびました。

 

脳の疲労
脳は痛みなどは感じないので本当に疲労と感じているのはおかしい。というのが一般論らしいです。


が、私のように疲労すると言うひとがまれにいるのも事実。
そして動かない筋肉を動かそうとするとなんか「もわもわした感じ」というものをこの病気になった人は感じる人が多いみたい。
同じ病院に入院してたひとたちは結構そういってました。
健常者には解らない感覚。
私はそれが動きにつながる『光明』だと思いその感覚を少しづつしっかりとしたものにモワモワから固体?に変えていきました。

私くらいの症状でここまで良くなるひとは本当にまれだと、とどのセラピストさんもいってくれます。
指の起用さ、腕の動きが平行して良くなる。
今のところ実行できてます。
本当に良いセラピストさんたちに恵まれました!
どのセラピストさんたちにも感謝です!!