こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

過去ログ7 入院中の自主トレ

私はよくセラピストさんになにか運動してましたか?

と聞かれました。
中学までは水泳をしていて、高校は帰宅部。その後二年間民間のミュージカル劇団に入って、32歳まで子育てオンリーかなー?その後5年くらい実践空手の先生に護身術を教えてもらい。三年前まで市民プールでヨガやらエアロビを週1行ってました。
小学校高学年の時背筋は100越え、この病気になる前までは20才の娘たちをお姫様抱っことかできてました。


と、いうのを踏まえて……。
セラピストさんたちから出された自主トレを地道にこなしてきました。

 

『とりあえず、転ばない無理をしない筋肉痛にならない。』

 

を条件にかかとをつけたスクワット。規律台に毎日15分のる。それを1ヶ月くらい続けました。そしてとにかく一日中リハビリ部屋の手すりのところをグルグル歩き、杖でリハビリ部屋のなかをグルグル歩きました。
リハ部屋ベッドでのおしり上げ、などもかなりしましたが、足を上げてやってもどうしても麻痺してない方が全てやってしまってこれは私にはダメでした。
そこの病院には上り下りする階段があり、高さも普通の階段の半分。
セラピストさんから『この階段を脚の悪い方から上がって良い脚から降りてみて』といわれ、今度はそれを永遠にやってました。休む時は車椅子にすわってついでにモモ裏の筋トレ。
私は足首が上がらず、後ろに蹴り上げることが全くできませんでした。
それをなんとかするために、セラピストさんにどの筋肉を使うのか教えてもらい、どういうトレーニングがいいのか聞き、それをさらに楽にできる方法を考えたりセラピストさんが考えてきてくれたりしてそれらを全てひっくるめて、筋トレをしました。その結果、全ての筋肉が動くようになりました。が、それらをどう動かすのかは頭で考えてやらないとできず、自然に普通には歩けないんです。
とりあえずさらに麻痺足を鍛える為に
麻痺足で装具つけて片足スクワットやらしゃがむなどをしました。退院あたりでは膝回し。グルコサミンのCMでやってるやつがなんとかできるくらいまでになりました。
あしの指もすこしずつ動くようになりましたが、親指が折れ曲がってくるようになりました。それもイメージトレーニングでかなり軽減することに成功w
と、順調だったのですが、一部の看護士さんたちのメンタル攻撃にあい、そこで撃沈。
この病気になってメンタル保つだけでも大変なのにさらに負荷をかけれるあの人たちは鬼だー!(笑)