こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

歩く時踵が外回りに回る

これ公開するの忘れてました^^;

昨日の内容です^^;

 

私は歩けなくなってからずっと麻痺足を後ろから前に出すとき、クルンと踵が外回りに回ります。

 

足はとても分かり難く、ようやく「重い、デカい」~個々の筋肉をすこしづつ感じることができてきました。

 

今回はそこについて考えてみます。

 

どのリハビリの先生でもそれがなぜ起こるのか?解らない。

 

必要な筋肉はある。

 

そうです。

 

筋力が足りないときは足の付け根から回っていました。

 

「回る」について考える。

 

私の場合、身体の動きについて考える時に脳裏に浮かぶのは

 

1  テレビでたまにやっている。人型ロボットの歩行。

 

2  人体にセンサーをつけて点と線で動きを表す画像。

たまに柔道やスポーツ選手とかに付けて、動きや筋肉の使い方などを検証してるようなあれです。

 

3  人型ロボットのプラモデルを造っているとき気をつけていたこと。

 

4  ラジコンカーが電池切れ以外で動きが悪くなったとき、真っ直ぐ走らないときなどなどどこが悪い可能性がたかいのか?

 

などなど

 

 

今回もそれを踏まえて観察しています。

 

歩くときの足の運びは鏡でみて、正面、横向今のところさほど悪くない。

身体全体のひねりはない。

 

今回は腰から足をあげるを封じ込めるために、 腰を紐で巻いて腰から足をあげることを止める。

エプロンの紐を後ろで交差させお腹で縛るていどでもかなり腰上げが緩和される。

 

------------------------------

 

足の付け根からの捻りなし。

膝までは強い。

ひざ下丈が振り回される感じ。

でも筋力が無いわけではない。

膝の横向にかかる力に弱い??

足首捻りというほどではない。

足の裏の体重移動。

左右比べる。

健康側の体重移動さリハの先生が言うように、踵、小指、親指

麻痺足もそうなっている。

蹴りだし。悪くなさそう。

 

------------------------------

 

踵がまわらないようになるときはどういう時か?

 

忍び足なみにソロソロと歩行するとき。しかも毎回うまくできているわけではない。

 

------------------------------

 

と、いうことは?

 

普通リハビリで教えてくれる内容ではない「なにか」が足りないのか?ありすぎる可能性がある。

 

自分の足が今どんな状態なのか?

細かいところまで思い出してみる。

 

私の身体で一番最後に動いた所。

それは足の指。

さらに人差し指は本当に動かなかった。

お風呂でアキレス腱伸ばしをする

時。部屋でロープを使ってアキレス腱伸ばしを一度したとき。

小指が薬指に乗っかるくらいそこの筋力がない。

筋肉自体は柔らかいのはありがたいけど普通じゃない。

人差し指はやはり動くようになっただけで力は他の指にくらべたら、実に頼りない。

強いのは親指。

私の足の指は人差し指が一番長い。

 

人差し指か?

 

健康側の足の動きにさらに集中して観察。

蹴り上げるとき

親指で蹴り上げる。

でも一番最後まで地面についているのは人差し指

 

ぬう。。。

 

とりあえず。

足の指の握力???をつけてみよう(・ω・)

 

そのうちまた報告します^_^;

↓座っていて少し足首を上げている状態
f:id:komataroutan:20171009131056j:image

↓座っていてグー
f:id:komataroutan:20171009131107j:image

↓グー。。。

足の裏だけでみるとグーにみえないね^^;
f:id:komataroutan:20171009170730j:image

↓座っていてパー
f:id:komataroutan:20171009131113j:image