こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

今日の不思議

昨日は限界まで動いたわけですが。

それがよかったのか???

よくわかりませんが(`・ω・´)

ぶん回しが出るものの。装具なし、つま先立ちで家のなかを歩いている自分。(`・ㅅ・´)

数歩で麻痺側の足で支える時目線が少し落ちるので気が付きました( ゚O゚ ;)

 

私は発病前までは、よくつま先立ちで歩く癖があったのですが、発病してから初!

 

顔を洗う時麻痺手の指の一部が顔に引っかかっていたのにスムーズ。手首から肘伝いに水でぬれてたけどね^^;

 

天照様がなおしてくれたのか!?!?

 

ありがたや~(๑>؂<๑)

 

とかいいつつ(笑)観察してみる~w

 

麻痺側筋肉の熱量がいつもより高い。

筋肉の1本1本がまるでオイルでもさしてもらったかのように、滑らかな感覚。

よろしくないと思うところは構造をよく考えてその部位を軽く数回なでてやれば硬さもなくなる。

 

適度な運動、楽しい時間を過ごしたしたことにより、筋肉、感覚、神経などなどが活性化したもよう。

 

多分

麻痺になり、全く動かなくなってから

全ての「動き」をとりもどした後は、なるべくニコニコ楽しみ、心の硬さを取り除き、適度な運動をすることにより、あとは自然に治るのかなぁ???とか思ったり(`・ω・´)

 

「全ての動き」を取り戻すには、以前も書いたように、今までの人生経験の全てを思い出し、どんなことがあっても諦めない強い信念。正確な自分の麻痺の把握。無茶と無謀なことをしない、本当の意味での地味な努力、人体がどうやって動いているのか?の勉強。

 

自分以外でこれが出来ている人はネットサーフィンなどで、上手く治っていく人のブログなどくらい。

でも、その人たちは障害者手帳をもらっているようでもない。

 

発病から半年あたりを目処に(発病から半年で障害者手帳の発行をしてもらうことができる。)

普通にまでなおっていったんだから素敵なことね♪