こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

発病から一年半で思うこと。

なりふり構わずリハビリの日々を送ってきました。

疑問に思ったことは追求してきました。

沢山の人達に支えられ今日まできました。

同じ病気の麻痺の方の参考になればいいなーとブログをはじめました。

 

よく入院中リハビリの、先生から聞いた

「あの人はなおる人。」

そう。

「あの人」はなんで治るのにわたしは治らないの?

脳の損傷部分がちがうから。

それもあるかもしれない。

でも、脳幹出血をして、危篤状態になっても、装具無しでもなんとか歩ける所まで回復する人もいるよね。

その人はなんで致命傷を負ったのに喉に穴を開け、寝たきりから歩く事までできるようになったの?

さほど酷くない脳卒中と言われて、この位までは動くようになるって言われてたのに、動かないまま終わってしまう人もいるよね。

この差はなに?

未だに解明されつくしてない脳の損傷なので、色々なことが、複雑に絡み合っているから。ということは分かるんだけどね。

脳卒中になった人の性格も大きく影響されているのも分かるんだけどね。

 

リハビリの仕事をしている人やヨガなどのインストラクターも当然脳卒中になる人はいる訳で。

酷い高次脳機能障害がでていないにも関わらず、自分で自分の本職の病気になっても、治せない。

プロでも自分の事を治せない。

職場に復帰しても、それ以上は治らない。

周りはPT、OTたちに囲まれてるのに。

 

つまり。

 

脳卒中になり、年数が経っても治らなかった麻痺は治せない。

治せる人が居ないから。

 

何年もかけてほんの少しの回復。

 

ボトックスを100万円かけてやっても効果は数ヶ月。

外科手術で腱などを少し切ることで楽にする。

 

なら、なんで時間が経っても治る人がいるのか?

 

センスと環境と信念でしかないのかもしれない。

 

最後に。

脳卒中になった家族をお持ちの方へ。

 

多分、将来もし、あなたが同じ病気になり、リハビリ病院に何ヶ月も入院するほど酷い麻痺になった時。

あの時なんであんなことを言ってしまったんだろう?と後悔しないような接し方をされるといいかもしれません。

 

脳卒中の方へ

 

いくらでも、お金がかかる麻痺です。障害者手帳で無料ならいいかもしれませんが。

自分自身の事で手一杯になるのは分かります。

でも家族の事もよく考えてあげてください。

家族の心労。

予定していた将来の夢。

子供達の将来。

 

自殺を進めている訳ではありません。

逆に自殺をしたら、残された家族はそれこそ一生消えないトラウマをさらに背負うことになるでしょう。

家族は自分の持ち物でも奴隷でも下僕でも介護するためだけにいる存在でもないですよね。

なにかしてもらって

「ありがとう」と言ってますか?

 

感謝の気持ちを忘れずに♪