こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

ざっとまとめてみました??

帰宅してからもほぼ動かない生活をしています。

お尻のインナーマッスルは少し落ちた感じ。
肩の付け根に痛み。
手足顔に痺れ。
舌の動きもあまりよくない。感覚が鈍い。

身体全体がまだ重だるい。

でも、これらは今ならやる気になればどれもなんとかできる内容。

 


精神面はやる気が出ない。


また麻痺になったらもう頑張らないと決めていたからだと思う。

本当は麻痺といっても、脳卒中による完全にうごかなくなる麻痺ではなく、一過性のものなので、本来はこれに該当しないのだけど、精神面?脳?がまだそれを理解できていない節がある。

まぁ、ここまで考えを整理するのに今日までかかっているのだから、この件は今後に期待(笑)

 

どのくらい頑張れないかというと、

リハビリをとにかく頑張ると決めていたのに通所リハビリにも行かない。訪問リハビリも中止中。

仕事も辞めてしまいたい。

 

上手くリハビリが進み鍛えられて動かせていた所は動かそうとおもえば、同じくらい動く。とりもどした機能は脳卒中になっていなければ、ある意味普通に動かせつづけることが分かったかんじw
リハビリ練習などなどしてなんとか動かせるようになれば、なにか他に衝撃があったとしても、脳卒中のような麻痺にまでもどることはないと思われる(*´ω`*)

 

が、脳がまた脳卒中になった!とかパニックになった場合同じくらい酷い麻痺になる可能性はありそうかな(`・ω・´)

脳は騙されやすいからね^^;