こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

麻痺は治らないらしい

今日の訪問リハビリで言われたこと。

 

麻痺は治らない。

 

なんのことか?というと

動くようにはなる。速さも上がる。反射神経もなんとかなりそう。

なら、なにが治らないのか??

それは手足の重さ?もったりとしたような?

動かしにくさ?

 

自律神経にちかいような内容の事といえばいいのかしら???

 

ふわっとしかまだ理解できていないので、良くわからない。

 

ただ、今までやってきたこととはまるで違う事というのは理解しました。

またさらに勉強をして、自分にあったやり方を模索してやりつづけるしかない。

 

人間を含め生物の身体とはなんて複雑で難しく精密で物凄くたくさんの要素でできているんだろう。

生き物の身体こそが芸術品であり、科学の結晶だと思ってしまった。