こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

内反


足指パットもいいと思いますが、
なにか指で掴みながらやってみる方がいいと思います(多分)ビー玉でなくてもいいと思います♪

ビー玉をはさんでやる理由は
実際に歩く時。膝上のすべての体重がかかってきてさらにその重さは移動しますよね
さらに靴を履く。などなどの緊張が入りやすい要素がやまもりの「歩く」なので、あらゆるシーン(場面)でも内反足にならない。
を目指しています(`・ω・´)

例えば
海に泳ぎに行く。
岩場を歩く時、砂場を歩く時、サンダルを履いている時

麻痺になって色々自分の身体を観察してみると
足の指って結構つかってる感じ。
踏ん張る、踏みしめる、蹴りあげる
将来的に、これら全てで内反が出ないようにするための第1歩です~(*´ω`*)
これをやっているから、必ずそのシーンででないか?
といえば、多分でると思いますが、麻痺になってから体感した事がある。ない。とでは、かなりその後の対応力がちがってきてると体感しています(*´ω`*)