こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

ホントに動かないの?(`・ω・´)

今週はとても実り多い週でした。

 

私は手の麻痺が重いので、入院中から手のリハビリをメインにやってきました。

脚のリハビリはリハビリの先生がやるようにと言われた事だけやってきました。

なぜなら

腕は運動神経がなくなっていると言われ、

足は多少残っていると言われたので、足は自然に治るんかなー??と思っていました。

この事をリハの先生に言ったら

「自然に治るのは半年くらいまでですよ~」

あら。そうなのね( °_° )

それでも発病から1年経っても動かなかった脚の人差し指は弱いながらも動くようになりました。

 

と、これまでの発病からリハビリ病院退院後からの回復について振り返っえみます。

 

今回は意識を特に一生懸命してきておらず、自主トレもさほどせず、PTさんに言われた事だけやってきた。

つまり。ほとんどの脳卒中の方達と同じ程度の事しか?してきていない脚の話です。

 

他でも書いたかな??

脚の指は親指が軽い内反。ほかの指は死んだ鳥の足のように指と指の間が無いようなくっついた感じでした。

手の指が動くようになる過程を思い出しながら自主トレをしてきた結果、脚の人差し指以外はうごくようになりました。

脚の人差し指は息子のおかげでうごくようになりました。

 

それらの事から。

 

ほんの些細なきっかけで筋肉や筋などなどの準備ができていれば、本当は動く。身体は準備できていますよーって言っているのに気が付かないだけ

なにかのきっかけで動き出す。そのきっかけを見つけるには麻痺側をいじり倒すのがいいのかな?

 

通所リハビリの脳卒中友達さんとボール投げを初めてやりました♪

その方は発病から3年目。

今の状態を維持するためのリハビリをしています。

麻痺側は痛覚以外の感覚が無く。筋がダランと柔らかくなる方の麻痺。

腕は30度くらいまでしか上がりません。

先月までは肩の意識を辞めるとおっそろしほどの、なで肩になっていました。

腕は気持ち曲げることができる程度。

健側で手伝えば握ることができるけど握力0

本人が言うには

「腕は全く力が入りません。肩も意識しないと落ちてしまう。感覚がないからホントに解んない。」

 

素人の私の見解

彼は歩く時腕が少し曲がっているので、歩く時は常に少し腕を曲げている。

私も体調が悪い時はそうなる。そうなると、力こぶができる所が痛くなる。

つまり。常に筋トレ状態になっていると考察。

触ってみると筋肉がしっかりある。

指先も全く動かない訳ではない。

体温も血色もいい。

麻痺で萎え萎えになっている腕とは違い普通に近い。

肩周りも健側にくらべれば少し劣るけどしっかり筋肉がついている。

「動かす」というだけの意味でいくのなら動くはず。

私は自分が全く動かなくなった時の自分の筋肉がどうだったかを知っていますし、初めて動いた時、真上まで上がった時の筋肉の触った感覚を覚えています。

彼には毎週会うたびに肩が下がっている時下がっていない時両方指摘しつづけました。

そしたら先月初めくらいから肩が普通より気持ち下がっている程度で無意識で維持できるようにったようです。

その後もその声掛けはし続けていますし、して行きます。

 

と、言うわけで、ワンバンボール投げを一緒にしてみました。

運動神経はよさそうな方なので片手でもできるだろーとおもって(*´ω`*)

 

彼おもってた以上に出来るんです( °_° )

麻痺側をちゃんとボールに添えて胸のあたりまで持ち上げ、投げてきます。

誤魔化しでいくなら、私に劣るとも勝らないなみの素晴らしさ♪

 

私は片手投げの練習も途中から始めました。

疲れると両手投げに。

その時違和感を覚えました。

彼は初めてボール投げをしている。腕は30度しか上がらない。

普通なら肩と二の腕が疲れてきて腕が下がってくるはず。なのに下がっていない( °_° )

腕が重くないか聞いてみたら

「重い」。

何処が重いです??

「解んない。」。

いやいや。瞑想をしてきているし、痛覚はあるんだから解るはず。集中してみてください。

「あー。二の腕の内側ですねぇ」

ここで休憩。

彼は二の腕を健側でモミモミ

私は彼の二の腕をさわってみると、特に硬くなっていない。

なので数回摩ってみました。

私「摩ったくらいで披露回復するならかなり優秀ですね♪」

彼( °_° )

 

そして再開。

おいおいおいおい。

ちょっとお兄さんΣ(゚д゚;)

ボールで顔がみえませんよ?

「そうですねぇ( °_° )」

そうですねぇ。って今度は目がボールのしたから見えますけど??Σ(゚д゚;)

「そうですねぇ( °_° )みえますねぇ。」

いやいやいやいや、可笑しいですってΣ(゚д゚;)

ボールの下から髪の毛のテッペンまでみえてますけど!?!?Σ(゚д゚;)Σ(゚д゚;)Σ(゚д゚;)

「そうですねぇ( °_° )」 

そうですねぇ。じゃないって、普通じゃないですよΣ(゚д゚;)

腕が30度しか上がらないのならそこまでもしボールで補助しながら持ち上げても途中で落ちたり、ズレたりしますよ!?

しかも押し出す時麻痺側ブランって落ちてないしΣ(゚д゚;)

「!!( ゚д゚)おかしいですね」

おかしいよΣ(゚д゚;)

出来ないって思い込んでただけなんぢゃ!?!?Σ(゚д゚;)

「( ゚д゚)!!!!!」

「だって今までこんなことやってみて。なんて言われた事ないですよ?!」

いやいやいやいや、通所リハビリの道具どれ使ってもいいんだからやればよかったんぢゃ!?

「( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)!!!!!!!」

どんだけ受け身なんやてΣ(゚д゚;)

3年も損しましたねぇ(^ω^;);););)

「( ゚д゚)」

 

ここからが凄い。

1度できるとどんどん上手くなる。

スポーツをずっとしてきたそうです。

これがよく言う運動神経が良いというやつなのかしら???

 

発病から3年経っても腕が30度まであがらない人は一瞬でほぼ180度まで上がるようになったという怪談。(笑)

180度は言い過ぎかな?(笑)

 

 

ここからが問題。

普通の入院リハビリが終わってしまうと、デイサービスや通所リハビリ、接骨院、整体などしか行くところがない。

しかも、回復ではなく維持を目的としている。しかも見てもらえる時間が短い。。

そしてなんと言っても、リハビリの先生たちの頭は年数が経ってしまうとそれ以上よくならない。という概念が強い方が多い。

そして、もっと問題なのは、患者である本人か、治りたいといいつつ、諦めている。努力をしないとは言わないけど、新しい発見を求めていない。し、なにか解ってリハビリの先生に言っても、その微かな変化は手で触ってわからない事が多いので、あまり良い返事をもらえない。

で、諦める。

 

逆に。

病院での良い結果を求めてやる被験者募集のものは、聞いた話でしかないけど、それの全くの真逆で、患者さんがおいてきぼりになっている風にみえる。

 

病院は国に管理されているので、今の日本の場合。どうしても患者側が今回の彼のように努力、探究心、などなどを筋トレではなくこちらをメインにやっていくしか年数が経った麻痺を良くすることはできないような気がしました。