こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

脳卒中麻痺への私の考え方

麻痺をどのように考えていたか?というと。

私は脳梗塞なので、脳の血管が詰まることにより、麻痺がでた。

 

麻痺とは

脳が傷ついたり、して脳の機能が失われたことにより麻痺した。

 

麻痺した手脚とは

脳が傷ついたことにより命令機能に著しい支障がでたために、動かなくなった。

でも、実際の手脚の機能が失われたわけではなく、血管も筋肉も神経などかどが切断されたりして失われたわけではない。

器械でいうなら、配線は生きている。基盤を直せばいい。

電気で動く玩具のようなもの。

 

脳とは

テレビからの知識しかないけど、騙されやすい。催眠術にかかる。視覚トリックにひっかかる。誤認することがある。実はあまり賢くない。

使ってない脳が無くなった脳の機能をするようになることがある。

覚え直す事が可能。

思い込みで死んだと思えば本当に死ぬ事例があるくらいだから、なんでもできそう。

 

メンタル

お得な回復期はとにかくメンタルを強く保つ。リハビリを楽しくやれるようにする。

悲観して泣いている場合ではない。

泣くのは全てを諦めて受け入れる時で充分間に合う。

たまにガス抜きをして潰れないようにする。

 

感覚、神経とは

痺れは気のせいと思うようにする。

感覚がなくなった時は、目で確認触って確認。

エッチな世界では快楽部分を開発できるそうなので、感覚も開発できるはず。

 

筋肉の動かし方

からくり人形のような仕組み。

 

歩く

二足歩行が難しいと言われ続けていた二足歩行型ロボット。麻痺すると正にそれだと思う。