こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

河津孝一さん

昨日たまたま、「脳卒中リハビリ病院退院後、入院中できていたことが出来なくなる」事がそんなにあるのか?をネット検索していた時たまたま見つけた河津孝一さんの記事。

 

自分が麻痺でもないのによくそこまで想像?で私が今やっている自主リハと同じ事ができるなぁ。と感動しました。

このセラピストさんに当たっていたら、もっと楽にリハビリができていたのかも???

それとも、自分で努力しなくなって言われた事しかしなくなって今より治りがおそくなっていたかも?

いやいや。

患者側もセラピスト側も両方で同じ考えの元やっていけば???

対立するー?

セラピストって、俺様が多いからねー。

自分絶対神話の方沢山みえますからねー。

でも、

お互い歩み寄る事ができれば倍の効果は間違いない。と。思う。

 

私は自分の身体で自由に実験研究をしているから今があるのですが。

この脳卒中による麻痺というのは。

実際想像していたものとはかなり違っていた。というのが私の本音。

毎日患者さんを診ている、触っているとはいえ、想像仮想体験であそこまで出来るのは本当に素晴らしい。

 

とりあえず私は近い未来とはいわないけど、

リハビリのゴールをほんの少しだけ感じることができているので、やりきるだけです。

 

なんとなく、回復期がおわっても回復しつづける理由が河津さんのおかげで解ったきがしました(*´ω`*)