読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komataroutanの脳梗塞日記

◯通枝梗塞(◯のところの字が難しすぎて読めません!)に2016年3月初旬になり、日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

子宮頸癌手術をして一ヶ月後の恐怖

脳梗塞になり、半身麻痺になり子宮頸癌手術をして、経過途中でしんじられないほどの出血をして深夜に病院にはこんでもらったとき、人生で初めて

 

死ぬかも?

 

と思った。

生理用品の夜用が一瞬で血だらけになり、握りこぶしくらいの塊が一時間に数回でる。

ショーツをおろしたとき、生理用品がそれを支えきれずトイレの床は血の海。。。

病院について受付まであるいていく途中からふとももを伝って血だらけ。

でも、これだけ出血しているにもかかわらず、意識はしっかりしていて、ただただどうしていいのか解らなくて困った。

すぐに診察台につれていかれ、ショーツをおろされ、やっぱり血だらけ。靴もスカートも全て血の海。

手術の主治医が膣に残った血をかきだしたとき、いままでなんともなかったのに、意識が遠のいた。

痛いとかじゃない。なんと言えば一番わかりやすいのか全く言葉がみつからない。

麻痺側の顔から頭にかけてまるで布団圧縮袋のなかにでも入ったようにギューっと締め付けられ、水分がほしくなり中を触られるたびに吐き気と嫌な感覚とギューがあり、頭が真っ白になり、看護婦さんが声をかけてくれなかったら気を失っていたと思う。

もう指先すら動かす事ができない。

なにがでてるのかは不明。ちょうど生理にあたったからかなぁ?と思ったけど出血量や塊の量が半端ない。

傷口はなんともないとのこと。

 

処置後子供たちがいうには、

「顔色が真っ白になっている。なにがあったの!?」

いやいや、私にもわかりませんよ。

でも、身体の脂肪カナニかを血に恐ろしい勢いで変えている感覚があり、一時間くらいでだいぶましになった。

しかも貧血になってないから動けるようになったら帰宅していいとのこと。

 

そして三ヶ月後キレイになおり、なんともないという。

 

簡単な手術と舐めてかかった結果がこれ。

やっぱり簡単な手術といっても、後遺症などちゃんと調べてやってもらうべきだった。。。。

 

あれはなんだったんだろう???