komataroutanの脳梗塞日記

◯通枝梗塞(◯のところの字が難しすぎて読めません!)に2016年3月初旬になり、日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

本当は大丈夫じゃない

脳梗塞になって左半身麻痺になり、それでも子供たちに心配させてはと思い元気なふりをしてきたけど、本当は全然大丈夫じゃない。

長女はなんとなくさっしてくれているみたい。

次女、長男は全くもって母親は不死身のロボットなみだとおもっている。本当は、その期待にこたえつづけたい。

でももう、むり。

 

昨日実家の母親と電話で離婚のことで話をした。

弁護士さんがいうには、お金をとるつもりなら弁護士を、たてたほうがいいこと、その費用が50万から100万さらに、成功報酬として、とれた金額の10%

私のように働けない低所得者は救済機関がありそこをつかうと25万くらいですむらしいこと

病気担ったばかりの時はもう実家にもどっておいでといってくれていた母親。

私ひとりくらいなら養えるといっていた。

でも実際今実家に帰ったとして就職先はない。

毎日仕事にいくだけの体力もない。

その話をしたら、母親から、

 

全額は出してやれない。

 

と言われた。全額というのがなにをさしているのか????

食費?医療費?リハビリのおかね??

よくわからんけど、つまり、離婚してもどってきても色々きびしいんだろうなぁ?ということなんだろうね???

 

昨日も、旦那には怒鳴られた。

 

怒鳴られ罵倒されるたびに死にたくなる。

離婚という、希望ももてなくなりつつある。

仕事もできない。貯金も、なくなりつつある。

ここで罵倒されながら生活すれば、衣食住、医療費には困らない。子供たちもいる。

ここで精神的においつめられながらも、生き殺しの日々を続けるのがいいのか?

 

自殺するほうが楽だけど、子供がショックをうけるのと、病気になって懸命に私を支えてくれた人達に申し訳ないという2つのことがあり、今も自殺の選択肢を選ばないでいる。