こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

最近思うこと

なんで特に運動能力も高くなく、ごく一般庶民な私が、発病から1年半以上にたっても回復スピードが特に落ちるわけでもなく、

 

検査の結果もう動きませんよー諦めてー。

 

とリハビリ医と脳外科医の資格を持つ先生から言われていたのに、動くようになり。

いつも見てくれているリハビリの先生すら、本当にこの人動かなかったっけ??と首をかしげるくらいの回復をしているけど。

あとは普通に使う練習を重ねていくのみになったけど。

足は普通のリハビリしかしてきてなかったから、治りが一般的レベルで今の所止まっているけど。

この足も数年先には普通に歩けるようになる自信?があるけど。

 

けど。

 

同じように回復しない人たちは

あなたは治る人だったんだね。って。

 

は?

ふざけんなよ。

どんだけの努力と勉強と精神力でやってきたと思ってるんだ(・∀・)

 

仕事がいそがしいからできない?

なら、諦めたらいい。

言い訳を言ってる時点で本当は出来ることがあったんじゃん。

その甘えがあるから出来ないだけ。

 

良いリハビリの先生がマンツーマンでずっと見てくるたら治る?

長島さんのこと???

 

そんだけの財力あるならそーしたら?

無いものねだりしたって現状かわらんやろ。

 

自分自身が変わるしかこの麻痺は治らないよ。

今のままでも。10年かけて指とかが少しうごくようにはなるだろうけどね。

 

私はこんなに酷い状態の脳卒中だったと言うの人がいるけど。

だから、毎日辛い。苦しい、痛い、痺れる不安。

皆さんは私よりも軽い麻痺だ。

 

大変でしたね。

だからなに??

 

ほかの人はそういう思いをしてきてないの?

そーやって言っていれば治るの?

どうしてもやるせなくてそう言いたいならわかるけど、年がら年中そんなこと言ってどーすんの?

治らないと諦めがつくなら、今の麻痺の身体でいかに楽しく生活していくのか?考えたら?

いつまでも家族に愚痴をいいつづけて、家庭の雰囲気悪くしてどーすんの?

 

私は色々試してたまたま成果がでているけど。

もし、これが上手くいってなかったら、

手は硬く曲がっていて、ほぼ動くことは無かったでしょう。

もしくは力を抜くところまでで終わっていたでしょう。

リハビリの先生からも

パーはができるようになるのは難しいと言われていましたしね。

肩も弱く、机の上で棒を立てていることすらできませんでしたからね。

 

私はそれが嫌で仕方がなかったので、地べたをはいずってでも頑張る事にしました。

 

そこまでの強い意志がないと動かないもん。

 

そこまでの意志、決意が出来きない方は

世間でいう回復は、頑張り続ければ、そのくらいは回復するはずです。

 

骨の形が分かるくらい筋肉が落ちて萎えてひまって痛い、痺れる、感覚がない、動かない。

こんだけ酷い麻痺なんだから、回復期が終わっているのに数ヶ月の努力で動くわけない。

 

言われてたことだけやっていた足の指は動きませんでした。

自分で意識して考えて工夫して努力した結果、8ヵ月くらいで動くようになりました。

 

あなたの頑張ってるって、本当の意味での頑張りなの??

自己満足??

言われたことだけ義務としてやる?

 

それを改めて考えることはとても辛く涙が出るでることでも、もし、動くようになりたいのなら、立ち向かうべき事。

 

健常者ではこんな事いえませんが、

私も障害者なので。

寝たきりとかではないので、その方たちにくらべたら軽いですね。

 

 

内反


足指パットもいいと思いますが、
なにか指で掴みながらやってみる方がいいと思います(多分)ビー玉でなくてもいいと思います♪

ビー玉をはさんでやる理由は
実際に歩く時。膝上のすべての体重がかかってきてさらにその重さは移動しますよね
さらに靴を履く。などなどの緊張が入りやすい要素がやまもりの「歩く」なので、あらゆるシーン(場面)でも内反足にならない。
を目指しています(`・ω・´)

例えば
海に泳ぎに行く。
岩場を歩く時、砂場を歩く時、サンダルを履いている時

麻痺になって色々自分の身体を観察してみると
足の指って結構つかってる感じ。
踏ん張る、踏みしめる、蹴りあげる
将来的に、これら全てで内反が出ないようにするための第1歩です~(*´ω`*)
これをやっているから、必ずそのシーンででないか?
といえば、多分でると思いますが、麻痺になってから体感した事がある。ない。とでは、かなりその後の対応力がちがってきてると体感しています(*´ω`*)

 

筋肉の維持

 

筋肉の維持

多くの人が金にの維持をするために毎日歩いているようです。

高齢者さんは加齢によるものもあると思うので歩く方がいいと思います。

でも私40代前半。健康オタクでもないので歩き回りたくないです。

健常者の40代前半はそんなことをしなくても「歩く」ことができます。

私はそれを目指しています。

そこで。先月から観察しているお尻の筋肉の維持。

先々月の、終わりくらいからお尻の筋トレをして筋肉を付けました。

足を斜め後ろに上げる筋肉。

筋肉が付いたところで、筋トレ終了。

そこから筋トレをしないでいかにその筋肉を落とさないで維持していくのか?

 

「意識」で維持できないか?

という訳で一ヶ月筋トレなしでたまに意識をして一ヶ月。

維持できました。

筋トレ無しで1日約300歩あるく私。

通所リハビリ週2

家ではテレビを見て過ごします。

気がついた時だけお尻の筋肉を意識。

そのかわり、正確に明確に、ふわっとこの辺かなー?ではなく。

ここだっ!!!という意識。

それだけです。

 

それでも足は後ろ側にすっと高くあがります。

 

本来は気にすることなく自然にできていた機能なんでしょうね(`・ω・´)

その自然にする意識も新たに全て覚える。

朝起きると手がグーになること。

どうも明け方閃くことがおおいなぁ( °_° )ナゼヂャ?

現在午前5時50分くらい

まずは眠っていて手がグーになる件
ここまで回復してきてなんで朝手がグーになっていて痛くて目覚めるのか?
やっと理由が判明。


色々試してきた結果。

実に単純な理由と思われます[m:79]

麻痺側を下にして寝ているから。
手に痺れがでるのも多分このせい。

なぜか?
麻痺側を下にして寝ていると
主に脇から二の腕の内側の筋肉に体重がかかる。
麻痺がひどい時、まだ筋肉が萎えすぎていて、麻痺側を下にして寝てもそこの筋肉から指先まで影響をあたえられるほどの筋力がなかったので、今まで影響がでなかった。
今は、立っての平行棒をつかった斜め腕立て伏せが20回は軽くできるくらいの筋力がある。
見た目も血色もほぼ左右差がない。


f:id:komataroutan:20170805062527j:image

麻痺が酷いときグーになることがあったのは、
肘から手首までの筋肉が麻痺による緊張が高くなっていたためで、今回のものとはあきらかに違う。

物凄く硬くグーになるけれど、そのままゴロっと健康側を下にして寝転ぶときつくグーだったものがほぐれることと、健康側を下にして眠った朝はそうならないことからの見解。

OTさんに今度きいてみよー(笑)

 

足。


調査員さんが来る事で、緊張のため歩きのバランスをくずして、ガチガチになってからの話。
それ以前は上手く歩けていた。

今はまた振り出しにもどってしまって、
足首が蹴りだしの時にクリンと回ってしまう。
これが何故なのか?が多分分かった。

昨日、たまたま車内で見つけた、100均で買った2センチヒール。


f:id:komataroutan:20170805062619j:image

これは膝上の筋肉がいつまでも弱い時に入院中使っていたもの。退院後もしばらく使っていました。
それを捨てる前に1度久々に使ってみました。

膝が楽。
蹴りだしで足首が回らない。

つまり。蹴りだしの反動で足首がくりんと回るのは、膝のブレによるものではないか??
という考察。

筋肉の維持についての実験では、意識を多少なりともしつづければ衰えることはすくない。
でも全く意識していなくて、そこを特に使わず、筋トレもしないと落ちてくる。

膝を鍛えるためにはじめの頃は毎日スクワットをしていたし、病院の中をあるきまわってたけど、今は歩かない。せいぜい毎日300歩。
意識もとくにしていない。

つまり。筋肉がついたら、
そこを常に使うか。
筋トレを死ぬまでつづけるか。
少しでも常に意識をするか。

の三択だ(`・ω・´)
日常常につかっていない筋肉が問題だね。

とりあえず、膝を強くするために
空気椅子と通所リハビリではエアロバイクの負荷を0から上げていこう💧💧
筋力がついたら、こんどはそこが萎えないようにしよう。

麻痺の筋肉の維持

先月からやってたお尻のインナーマッスルを筋トレ無しで維持できるか??
の結果と手首が小指側に動かなくなっていたことを踏まえての考察。

まずは維持できない時。
手首のは入院中から机の上でならうごいていました。訪問リハビリでもそこはクリアでした。
それからどのくらいの月が流れたのかは定かではないですが。とりあえず。今週月曜には無くなっていることは確認されました。
動かそうとしても微妙に動いたか動かなかったかくらい。
そこに、力を入れて硬くならなくてはいけない時にフニャフニャ。リハビリの先生が確認してくれているので確実。

そしてお尻のインナーマッスル
これも一時期付いていました。
あれは昨年の9月頃におしえてもらって1日3000回をやって付けました。
なんで無くなったのか?は、筋肉維持のために歩かなかったから。と
冬になり、体調をくずして寝たきり生活してたら。あたりが理由と思われます。

私が目指す所は、筋トレをしつづけない状態で、普通に日常を過ごすだけでも筋肉の維持。

健康側はそれができているのですから。

リハビリの先生も、病気仲間もみんな言うのは
脳卒中で麻痺になっているから普通じゃなくなっているからそれは無理。一生死ぬまで毎日あウォーキングですね。

加齢により、それが必要になったらそれもいいかな。

でもまだ半世紀も生きておりませんし、病気になってから、そういうチャレンジしてる人をしらないので。せっかくだから私がやってみます。

とりあえず
今回のが第1弾(笑)

今のところの結果としては。

維持する事は可能。
とても単純な理由が考えられます。

1. 筋トレをして筋肉をつけることにより、姿勢がよくなる可能性がある。
もともとが、健常者にも言えるのですが、
「正しい姿勢」というのは筋肉を使うので、それだけで常に筋トレ状態。そして、骨の歪みも治る。
肩こり腰痛が軽減されますね。
健常者でも猫背だと腹筋無くなりますから(笑)
2, 以前書いた感覚神経の維持などと同じで、ほんの僅かに常に意識をする。
初めは意識しよう!と意識しないといけませんが、
慣れてくると意識していることすら忘れます。

今回の事で筋肉の維持にもこれが有効なのがわかりました。

と。いうことを踏まえて。
今回の手のひら側面筋肉もそれで維持可能なのか?を、引き続きやってみようと思います。
すでに筋肉はとりもどしました。
麻痺筋肉は1度ついたことがあると戻りは早いようです。個人差はわかりません。だれか一緒にやりませんかー?(笑)

新しい事を覚えている?

昨日の日記の続き

ボール投げをしている時の彼の目表情を思い出しながら。

あの顔つきは、脳が新しい事を覚えている時の顔。

上手く言い表せるか自信があんまりないのですが。

麻痺側がなにか刺激をうけて脳がその刺激を受け、覚え始めた時ってすごく特殊な感覚になるんです。

健常者だったときには味わったことがないと思うのね。

多分よ?

自分の過去の動きの記憶と今麻痺になって初めてやる動きが繋がったって感じかな??

少し頭のがショートしたような?

今の覚醒しているのとは違う意識になるというか?

心ここに在らず?

だから、言葉数がすごく減る。

顔もほぼ無表情

目もどこをみているのか?今ここに居ないような虚ろ??な目になります。

( °_° )←こんな顔

 

私の場合は自分としては、頭に白いモヤがかかる感じ。

なにかの情報がビビビと頭に勝手に?はいってきて、脳全体を微弱電流がながれまくってパチパチいいそうな雰囲気( °_° )

脳の周りを線香花火がとんでいるような?

タンポポの綿毛でつつまれているような?

を足した感じ。

私にこれがおこると、その後、麻痺側の顔、頭皮が引き攣るような感覚になります。

見た目はわかりません。

 

NARUTOの白眼になってる感じ(笑)


f:id:komataroutan:20170804113728j:image

そして甘いものが異常にほしくなる。。

この感覚を数え切れないほど体感しました。

 

その後その時にやっていた動作はホントにできなかったの??っていうくらい出来て動くようになります。

 

多分文章では伝わりにくいと思います。

実際に見てくれるリハビリの先生たちでさえ、本当はできたんじゃないの??とか言ってくる人結構います。

 

筋肉がととのい、(しなやかさ、力、意識、バランスなど)あとはこの覚える感覚でかなり動きます。

集中力が必要ですが。

 

それでいっても川平法はとても効果があると思いました。

私の指の細かな動きしなやかさはこれの川平法のおかげです。

 

川平法ついでに。

最近川平法のようなマシーンがでてますね(・∀・)

あれはさらなる改善が必要なんじゃないかと思います。

多分装着する指の関節すべてにセンサーを付けて、筋緊張をしっかり常に把握できて、硬くなったときに自動で止まるなどなどの改善が必要だと思います。

そのへんができないのなら、あまり使わない方がよさげですね。

リハビリの先生にやってもらう方が安全と思いました。

ただ動かせばいい。のでは無いところが問題ですね(`・ω・´)

期待してたのになー…残念( °_° )

 

 

ボール投げ

今日の通所リハビリはボール投げをスタッフさんにつきあってもらいました

訪問リハでは、「うまく投げる」をしています。


つまり。
健康側が麻痺側に合わせて動く。
初のワンバウンド無しのボール投げ
でも今日は麻痺側が健康側においつくように意識をしました。

ボールを送り出す。

バスケットのパスのような感じかなー?

 

とても面白い。
麻痺側が速さになかなかついていけない。
ついていける時は腕がブルブルブルっと細かく振動する。
健康側ではぜったいならない振動(笑)

 

2日目
昨日のようにバスケパス。
昨日よりかなり慣れてきている。
腕の振動がない。


なので!
今日は少し距離を遠くしてみました。

腕が伸びきらない。
腕に昨日のようにブルブルブル細かい振動がでる。
腕の疲れが激しいので、ほどほどで終了w

 

バスケパスをする時は

初めはワンバウンドからならしていってからのバスケバス♪