読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komataroutanの脳梗塞日記

◯通枝梗塞(◯のところの字が難しすぎて読めません!)に2016年3月初旬になり、日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

離婚しない、できないのは?

夫との離婚を初めて考えたのは32才くらいの時。私が鬱になり、気がつくとどっかにいっちゃってて、なんで私こんなところにいるんだろ???

という生活になってからだ。

気がついたら死んでたなんて、あのころの私からしたら、シャレにならない。小さな子供が三人もいて、夫は企業戦士(死語?)単身赴任。

 

親族会議もした。

 

途中で私の母が倒れた。話し合いどころではなくなり、終了。

単身赴任だし、持ち家だし、核家族だから、別居しているのとかわらない。夫が帰宅するときは実家に帰っていた。

 

その後、夫が交通事故にあい、ヒビが治ったころには人がかわったようになっていた。

なので今日まで離婚しないできている。

 

大病をわずらい、入院中、医者に呼ばれるときだけ御見舞いにきた。家にかえってきてても来ない。

5ヶ月入院していて来たのは5回くらい。

友人は毎週きてくれた。子供たちも来れる限りきてくれた。

 

リハビリの様子も一切見に来ないから状態がわからないそうだ。

退院して帰宅したら勝手に単身赴任やめて帰ってきてた。台所も色々ものの場所を変えられて、なにがなにやらさっぱりわからなくなっていた。

 

そして、失敗とかする私を罵倒しつづけた。

「できないならなにもするな!」

「やるなら完璧に俺のいうようにやれ!」

私は極力なにもすることをやめた。

でもそれは夫の負担をふやすことになる。

私が部屋に引きこもって寝ていると、ふすまをものすごい勢いで開けてその音に驚いて毎日目が覚める。

つまり、イライラしているのだ。

 

そして私は思う。

仕事もできなくなって家庭でも居場所がなくなった。欲しいものも買えず、なんの役割も果たさず、ただ生きているだけならまだしも、この病気になって安定した温度の中にいないと動けなくなることがおおいので、ほぼ冷暖房つけっぱなし。

約立たずなうえに、お金ばっかりかかるという。

室内で飼われている犬か猫のようだ。

夫は気分で怒鳴られる。

入院費だって高額だった。あんなにお金かけてこの程度しかなおらないなら、あの時死ねたらよかった。

でもこんな大病をしても人というのはなかなか死なない。ほんと、死なない。

 

私は離婚したかった。

でもこんな私が実家に帰っても兄のところにいっても、子供が独立して一緒に出ていっても、結局約立たずのお金ばかりかかる厄介者のお荷物。さらにまだ半世紀も生きてないのだから、この状態があと何十年もつづくわけだ。

ちゃんと動く右手足があるのに、麻痺側も恐ろしく回復したのに未だに自分の存在意義をみつけられない。世の中のお荷物でしかない。

私と同じような人達は自殺しているらしい。ニュースでみた。40.50代の自殺がもっとも多く、病気を苦にしてが最多。

 

現80代くらいの、世代のひとたちは本当に我慢強い。特に女の人。

私にもそれができるのなら、離婚しないでここにいれるのだろう。

でも、ワガママな私には理不尽を理不尽といわずにはいられない。

 

そのへんを、大病したときに自分は死んでしまって新しい障害者人生というちがう人になったのだから、考え方もかえよう!なーんておもえない。

高齢者の皆さんと話す機会が増えて本当に色々思うところはある。

 

でも、今のところ私は私でしかない。

 

そんな偉そうなことを言いながら、生活保護をうけながら、今よりさらに不自由な生活をして子供にも会えなくなる生活に未来を見出す事ができない。

素晴らしいタイミングで生活保護の実態調査のような番組をつづけて見た。

ホント、最近のテレビはタイミングよすぎ。

 

結局。障害者になって働けないから誰かに100%養ってもらうしかなく、私の存在はお金ばかりかかる役立たずのお荷物。

そんな私が色々いうのはただのワガママでしかない。というところになってしまうんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

魂とあの世????

子宮頸癌手術後、大量出血してから体調が悪い。麻痺側だけ。

特に目がおかしく?右目は現実世界がちゃんとみえていて麻痺側左目はなにかもやっとしたちがう世界がみえる。

なんだこれは???

コンタクトも買い替えたばかり。

脳梗塞になって初めての春がもうすぐやってくる。

気温の変化にたえられないためなのか?体調が悪い。

布団から出られない日も多い。

そして、死というものを身近にかんじる。

大病をしてから、退院後、自殺したいとずっと思っていた。

残される子供、親の事を考え思いとどまっていた。

そして、そういう感情も大分おさまってきたのに、何故死を感じるんだ???

 

夜眠っていると息苦しくて目が覚める。そんな日が数週間つづいた。

その時の息苦しさが頭が白くなってき、こりゃやばい。動けなくなる前に目覚めないと!!!って感じ。

 

そんな日々を過ごしているときふとアタマを浮かんだへんな内容。

 

あの世は存在している。でも、漫画や映画みたく身体はない、見た目もない。精神の世界。

真っ白い空間を抜けると明るい日差しがあるところにでる。

そこには沢山の生き物だった「なにか」がいる。

その先までは覗くことができなかった???

 

産まれてこの方こんなことを考えたこともない。

脳の一部が死んで、少しあの世とこの世がシンクロしているのかな?

まるで死ぬことは怖いことではないから安心していいんだよ?って言われているようだ

自殺ではなく、普通に死ぬって感覚。

 

脳卒中になった20代の若い男の子がリハビリ病院に入院しているときにいた。

この子は意識があるなかないのか??

いつもただ一点を斜め上を魚のような目でみつめている。でも、外部からの刺激に多少反応がある。

あの子はもしかしたら、私がちょこっと見た?あの世界に私よりも深く入り込んでしまったのかも??

肉体と魂(意識)が少し離れすぎてしまって、なにかしながらよそ見して、そっちがきになりすぎて、こっちがおそろかになっている感じ???

きっとお母さんがものすごく呼んだんだろうね?

 

さらにやはり輪廻転生はあるのかもしれない。

生前の記憶が残ってる人は、いうなれば、洗濯をして落としきれなかったシミ

自殺とかすると、もう一回おなじような人生をやり直し。

なんとか乗り切るべき。

 

幽霊

幽霊を感じると悪寒がするとかよくいうけど、(私も感じます。)あれも考えようなのかもしれないという話。

箱の中になにがはいっているのかわからない状態で手をつっこんでなにかを触ると、とても恐怖するみたい(昔テレビでよくやってましたね)な感覚なんじゃないのかな?

 

解らないものだから怖い。

目に見えないから怖い。

 

だけなんじゃないかしら???

 

でも、その幽霊が悪さするかどうかは、解りませんね('・ω・') 

 

 

子宮頸癌手術をして一ヶ月後の恐怖

脳梗塞になり、半身麻痺になり子宮頸癌手術をして、経過途中でしんじられないほどの出血をして深夜に病院にはこんでもらったとき、人生で初めて

 

死ぬかも?

 

と思った。

生理用品の夜用が一瞬で血だらけになり、握りこぶしくらいの塊が一時間に数回でる。

ショーツをおろしたとき、生理用品がそれを支えきれずトイレの床は血の海。。。

病院について受付まであるいていく途中からふとももを伝って血だらけ。

でも、これだけ出血しているにもかかわらず、意識はしっかりしていて、ただただどうしていいのか解らなくて困った。

すぐに診察台につれていかれ、ショーツをおろされ、やっぱり血だらけ。靴もスカートも全て血の海。

手術の主治医が膣に残った血をかきだしたとき、いままでなんともなかったのに、意識が遠のいた。

痛いとかじゃない。なんと言えば一番わかりやすいのか全く言葉がみつからない。

麻痺側の顔から頭にかけてまるで布団圧縮袋のなかにでも入ったようにギューっと締め付けられ、水分がほしくなり中を触られるたびに吐き気と嫌な感覚とギューがあり、頭が真っ白になり、看護婦さんが声をかけてくれなかったら気を失っていたと思う。

もう指先すら動かす事ができない。

なにがでてるのかは不明。ちょうど生理にあたったからかなぁ?と思ったけど出血量や塊の量が半端ない。

傷口はなんともないとのこと。

 

処置後子供たちがいうには、

「顔色が真っ白になっている。なにがあったの!?」

いやいや、私にもわかりませんよ。

でも、身体の脂肪カナニかを血に恐ろしい勢いで変えている感覚があり、一時間くらいでだいぶましになった。

しかも貧血になってないから動けるようになったら帰宅していいとのこと。

 

そして三ヶ月後キレイになおり、なんともないという。

 

簡単な手術と舐めてかかった結果がこれ。

やっぱり簡単な手術といっても、後遺症などちゃんと調べてやってもらうべきだった。。。。

 

あれはなんだったんだろう???

 

離婚はむずかしいのね

いよいよ重い腰を上げて離婚の準備をすることにした。

友人の友人が離婚に強い弁護士さんなので相談してみた。

 

現実は厳しい。

弁護士費用50万から100万プラス成功報酬10%

低所得者は救済機関があり25万くらいですむらしい。

私は脳梗塞になり半身麻痺でまともに働くことができない。

どうしても今後生活するためにはお金はもらっておくべきだと弁護士さんはいう。

 

実家の母に相談してみても

戻ってきても100%は支援してやれない。という。

衣食住の負担のことだろ。

いつでももどっておいで。

と、いっていたのに、いざとなると毎度これだ。悪い親ではない。理想的な良い親だと思うけどね。

でも、この前あった高校生がお母さんを刺殺した事件。その高校生の気持ちがわかるわ。可哀想に。。とか思ってる時点でアウトなのかも?!

 

兄に相談してみた。お金はだしてあげるからがんばってみたら?あと、生活保護をうけたらどお?と親身にアドバイスしてくれた。

頼りになるのはやはり兄なんだろうな。

 

でもかくいう私は自分でいうのもあれだが、とんでもないヘタレで、今の生活が一杯いっぱいで子供たちの私生活の助けが全くなくて生きてるのだろうか???一人暮らし模したことがない。

この不自由な身体で一人で本当に生きてるのかしら??

色々やることは決まっても実行する体力と気力がたりない。もしかしたらこれも言い訳なのかも?

 

毎日旦那さんには怒鳴られ、ちょっとでも自分が思うように私がやらないと怒鳴り散らす。その度に命が、けずられていく感じがする。私が病気になるまでは単身赴任だったから月に数日くらいなら我慢できたけど、もう限界にきてるのは確かだ。

 

私が入院中入院先が遠いからと主治医に呼ばれる時以外お見舞いに来なかったような人。

近所の病院に入院中も来なかった。転院するときも仕事が、休めないといって来なかった。

月に一度の不燃ごみの日には会社を一日休んでゴミだしにいく。

 

私。ゴミ以下だわ

 

退院後麻痺がのこり、うまく歩けず、握力ゼロの状態の私に今までどおり家事をしろ、手を抜くな!!なんだそのやり方は!!!と罵声をあびせつづけられ、私が自分の症状ではコレが限界だといっても、

 

そんな話は聞いてないからしらない。

 

私のリハビリなど一度も見に来なかったからわかるわけないよね。

 

ちゃんとできないならやるな!!!!

 

旦那さんが帰宅すると部屋に籠もりトイレなどしか部屋から出れない日々がつづいた。日中は家の中を自由にできるからいいけど。

介護保険のリハビリにもいかせてもらっているからお金の、面では感謝しなくてはいけないかもしれない。

 

でも、私の、カバンをあさって

 

おれの金があるかもしれない。と漁りまくっていたらしい。(子供情報)

 

この、半年なんど自殺しようと思ったことか。。。

 

それでも死ぬまでここに居ることになるのだろうか?

 

今は私が自由に買い物できるお金はない。

買い物でつかうとレシートをみせて残金の確認をされる。

そして怒鳴られる。。

 

スマホ代もだしてくれず、高校生の息子のスマホ代と私のスマホ代毎月15000円ほどを稼ぐため、病気前のバイト先にお情けで週1やとってもらっている。

 

それでも実際身体はかなりしんどい。

 

息子よ。進学しないならそのくらい自分でバイトしろよ。いつまで甘えているんだ。。。 

 

脳梗塞になったばかりのころを思い出したので(笑)

急性期で入院してたときの話。

全く手足がうごかなくなり、病院内でリハビリが始まるわけです。

ほんと不思議なものでどう頑張っても動かないんですよ。

脳の治療がおわるころには腕が少しうごくようになり小指だけ普通にうごくようになりました。

脚は関節をはめこむような形で立つ方法を教えてもらって立てるようにはなりました。

手は一度にぎると離すことができない。原子反射とか言っていたような気がします。なかなかスパルタに動かせ動かせと言われ、動かない手をまるでスプーン曲げをやるように念じて動かそうとしていた。(笑)

若いせいか?運動神経がよかったのか、麻痺してないほうが恐ろしいくらい活躍していて、お尻上げなど麻痺していないほうのみでやっていましたね(笑)それじゃダメなんだけど。

握力もゼロになり、歩くときはぶん回して歩き、スクワットをしても結局良い方の脚だけでやっていて、麻痺脚はそれについてくるだけって感じでしたね

 

 

本当は大丈夫じゃない

脳梗塞になって左半身麻痺になり、それでも子供たちに心配させてはと思い元気なふりをしてきたけど、本当は全然大丈夫じゃない。

長女はなんとなくさっしてくれているみたい。

次女、長男は全くもって母親は不死身のロボットなみだとおもっている。本当は、その期待にこたえつづけたい。

でももう、むり。

 

昨日実家の母親と電話で離婚のことで話をした。

弁護士さんがいうには、お金をとるつもりなら弁護士を、たてたほうがいいこと、その費用が50万から100万さらに、成功報酬として、とれた金額の10%

私のように働けない低所得者は救済機関がありそこをつかうと25万くらいですむらしいこと

病気担ったばかりの時はもう実家にもどっておいでといってくれていた母親。

私ひとりくらいなら養えるといっていた。

でも実際今実家に帰ったとして就職先はない。

毎日仕事にいくだけの体力もない。

その話をしたら、母親から、

 

全額は出してやれない。

 

と言われた。全額というのがなにをさしているのか????

食費?医療費?リハビリのおかね??

よくわからんけど、つまり、離婚してもどってきても色々きびしいんだろうなぁ?ということなんだろうね???

 

昨日も、旦那には怒鳴られた。

 

怒鳴られ罵倒されるたびに死にたくなる。

離婚という、希望ももてなくなりつつある。

仕事もできない。貯金も、なくなりつつある。

ここで罵倒されながら生活すれば、衣食住、医療費には困らない。子供たちもいる。

ここで精神的においつめられながらも、生き殺しの日々を続けるのがいいのか?

 

自殺するほうが楽だけど、子供がショックをうけるのと、病気になって懸命に私を支えてくれた人達に申し訳ないという2つのことがあり、今も自殺の選択肢を選ばないでいる。