こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

藁をつかむ。

今日は某スパイダーを買ったという日記を友人がだしていた。

これは一年ほど前にほかの人も載せていて、その後良い報告はない。

 

つくりの構造的にいいと思うけど。(上から目線^_^;)

私的には金額に比例するような効果があるとはとても思えない。

もちろん、金額に比例すると思う人もいると思う。

 

某コツ研究所のYouTubeに載せてる内容は普通のことをいってるだけ。

有料になるともっと凄いのがでるんかな??

保険が利かないリハビリとしては妥当な金額かもだけど、子育て終わってない私くらいの人たちには、けして安くない。

 

ある意味リハビリ業界はボロ儲けできる位置にあるといえる。

 

リハビリ医PT,OTの名前をかりればいい。

 

生活保護をうけているような人でも、それを買うために生活をきりつめてでも買う。

 

保険が利かないリハビリをうけるよりは、お得感が大きいけど。

 

動かない人は、藁をもすがる思いで色々やってみるのがよくわかる。

 

が。

 

なんでちゃんと頑張らないのだろう??

動かない。出来ない人は、私からみれば、私生活があるにしろ。

 

どの人も頑張ってない。

 

変なん言い方をすれば

 

足し算をしなくていけないのに、漢字の暗記を必死にしている。

 

これが脳の病気のせいなのか???

 

頑張れないのだから仕方がない。

 

リハビリの先生がすぐ諦めるのはこれのせいか。

 

せめて正確にPT,OTの言っている内容を理解してそれをやり続ければましになるだろうに。

 

なぜか。

 

PT,OTが一緒に居るときしかやらない。

 

そろそろこの連鎖をみつづけてきて、こりゃ無理だーという結果で終わりそう。

 

言い訳か、無言になるからねー。

 

でもいいと思うんだ。

その麻痺が残った身体で何年も生活してきているのだから、不自由があってもなんとかなる!

 

私も一歩間違えれば足はその考え方になりそうになったしね(・ω・)

 

ギリギリでもなんとか仕事できればいいし、我慢できればいいし、本人がそれでよければ多くのPT,OTが言うようにそれでいいのかもしれない。

 

ここで私が良くなる方法を書いてもこれを必要とする人は居ないのかも知れない。

自分に合いそうな所を探せしてそこだけ利用するのにはいいかもねw

 

私がリハビリ医で研究発表するのならかなり有意義だろうが。

 

まぁ、これはもし、自分か今後また脳卒中になたとき使えるように書き残している所もあるからいいのかな?

 

mixiに残してある非公開日記もこっちにどんどん移植?しなくちゃねー

 

パスワードわすれたら読めなくなっちゃう。゚(゚´ω`゚)゚。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

週刊新潮か文春にガン治療の特集があった。

民間療法の特集。

壮絶。

脳卒中の麻痺を治したい人達もここに書いてある人達と少しも違わない。

 

民間療法の金額も半端ない。

 

身体を治すのも、心を支えるのも、恐ろしくお金がかかるのだなぁ。。

 

保険にしろ、最先端治療にしろ、それらは、まだ病気になっていない人、病気になったばかりの人を対象にしていて、発病から数年経った人達は対象ではない。

いくら困っていても、大変でも、助けてもらうには大金をかけるしかない。

 

発病したての時はあったのだから、その時に、冷静になって頑張ればよかったのかもしれないけれど、突然手足が動かないことへの動揺、パニック、絶望はどうにもならないのが普通。

どの麻痺患者さんも同じような事を言う。

私と他の患者さんとの違いはここでもあるらしい。

 

私が発病して数日後手足が全く動かなくなったときに、頭に浮かんだ事は

 

あれ?動かない?何で??

頭真っ白

 

この後に出た言葉は

 

大丈夫。必ず動くようになるから、パニックになる必要はない。

 

なんでその言葉が出たのかはわかりません。

 

なので病気で泣き暮らすことはなかったですが、たまに突然涙がでてくることはありました。

泣き暮らしたのは、病院で受けた屈辱、恥辱、理不尽、困った時の一、二週間だけかなぁ(・ω・)

 

そう考えると

メンタル維持は絶対にはずせないのが麻痺のリハビリだと過去の経験から実感しているので、

希望は与えつづけるほうがよさそう。

 

金の棒で体をなでて悪いものが沢山出てきている??とか何とか。。

施術後身体が楽になる。。

ツボやトリガーポイントをそれとなくその棒で押すなりさすっているんだろうけど。

それでも気持ちがそれでらくになるのなら、怪しすぎても、嘘でも、それっぽく見せかけて、患者さんの心を騙しきり、救えるのは良いことなんだろうね。

私では支払えない金額だけどw

 

 

 

その後のその後の足首の動き


f:id:komataroutan:20171019230700j:image
負荷なしならスムーズにうごくようになりました。

立ってやると若干弱いものの動かせます
f:id:komataroutan:20171019230631j:image

 

動かないところを動かすのに必要な事

自論ですが、これで私は自分の麻痺の動かないところを動かしてきました。

参考になるといいなぁ^_^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「一度もできなかった事をやるわけではない。」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1 麻痺した身体の硬さを全てとる。 

 できれば自分の身体の内側をしっかり感じ取る

 

2 動かしたい所を動かすとき

「使う場所、筋肉」を明確に覚える。

 

3 ちょっとやってみてダメなら

 すぐあきらめる。

 けど実は諦めない。

 

この三点がちゃんと出来れば動きました。

 

1 ストレッチ、柔軟。柔らかくなるまでやりきる。

これは一番にやることで、一番楽な事。(・∀・)

なぜ楽なのか?

なんも意識も考えもしなくてもいい。

テレビを見ながら、人と話をしながらおやつを食べながらでも良い

そして、なんといってもこれは、覚えながらやるリハビリや筋トレと併用しても問題ない。

 

余りに堅すぎる時は、全身の力を抜く。リラックスして呼吸似合わせて、さらに固いものか柔らかくとろけるイメージをしながら、痛みが出ない所までのストレッチ

 

いつでもどこでもストレッチ

 

2

単品で指だけ動かすにしろ、関連動作で肩、ひじ、腕、手首、指を動かすにしろ、

その動きをするときに使う

「筋肉、関節などの位置、筋肉がどのように動くのか?(伸びる、縮む、ねじる、力を入れる、抜く)」

さらに代償運動をしていないか?

 

もし、代償運動が出るのなら、その動きのリハビリはまだ今の自分にはレベルが高いと判断し、どこが弱いのか?どこが固いのか?などなど原因をチェック

 

弱い筋肉を強くするためのリハビリ、イメージ

 

固い所を柔らかくするリハビリ、イメージ

 

 などなどを、動かす時に頭にまるでテレビを見るかのように、イメージを鮮明に浮かべながら、動きとイメージをシンクロさせていく。

 

※重要

終わったら10分お昼寝。必ず寝る。眠らなくても良い。目を閉じて横になる。

 

3

2日やってみて動かなかったり、動かすのが苦痛な時はそのリハビリを辞める。

2日間やっている間は 2 に書いてあるように頭をフルに使ってやりきる。

それをやりきると、辞めても、記憶に残り、もう一度辞めたリハビリをしたとき、筋力や柔らかさを手に入れていれば、物凄くやりやすくなる。

やりやすくなっていないのは、2のリハビリが基準に到達する所までできておらず、記憶できていなから。

 

「動かす」だけなら、さほどの筋力はいらないはず。

拒食症でやせ細っていても動きますからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さらに。

毎日なるべく頭を使うこと。

考える。調べる。勉強する。楽しむ。特に苦手な事をやるといいかも? 

 

部屋の模様替えや、料理、部屋の掃除、などもいいと思います。

 

リハビリ日記や記録、思ったことなどを、メモなり、スマホなりに残す。

 

リハビリ時間外も、その日にしたリハビリを思い出す。 

 

今日やったリハビリをさらに自分にやりやすいやり方がないか?考える。思い出す。ひらめく。

 

人と話をする。

 

出来なくて辛いときは、全て忘れてリフレッシュ。(リセット)

 

自分が満足するまでリハビリをしない。

 

他人の進みぐあいは、所詮他人ごと。自分とくらべない。

 

なにかと比べたいのなら。

 

しっかりと麻痺になってからの「自分の観察記録」をして、過去の自分と比べる。写メ、動画もいいですね(・∀・)

 

なにしたらいいのか?解らない時はリハビリの先生に相談して、必ずやりきる。嫌なことでも腹をくくる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注意点

 

基本は

「頑張らない、自己満足にならない、適材適所、故障しない、楽しく」リハビリ

 

ですが。

 

インナーマッスルを鍛えるのは別。

 

やりきった感が半端ないですよー(゜∀゜) 

 

下記はPTさんから教わったメニュー(@_@)

 

膝がつま先より前に出ないスクワット。限界まで。(;゚д゚)鬼カ!!!

 

立ってどこかに捕まって足を斜め後ろに持ち上げる。1日3000回。゚(゚´ω`゚)゚。鬼ダ!!!!!

 

立ってどこかに捕まって後ろに蹴り上げ 1日3000回(||゜Д゜)ヒィィィ!!!!!!!!

 

これは、実際私がしてきたことです。

 

ポイントは、この三種目を1日にやるのではなく、一種目を一週間。

他にも本当はありそう(||゜Д゜)

 

……大変すぎるので、私の場合は300回を休みながら10回やりました。後半は足が上がらなくなるので、とにかく床から数センチ持ち上がればいいにしてました^_^;

さらにしんどくなってたときは、軸足の下に雑誌を数冊(゜∀゜)エヘヘ

 

PTさんが言われた通り!

これは必ず効果出ます!

 

が! 

 

体調崩して寝たきりになると!また筋肉はなくなります!

 

が!

 

そこに出来た筋肉をしっかり意識できて覚えられれば維持できます!

 

出来ました!(2ヶ月ほどゴロゴロ生活(・_・;))

 

二度と3000回コースをやりたくないのなら!ここでついでにしっかりと覚え記憶しましょう!

 

覚え方

 

3000回もやらない内に特定の場所が痛く、固くなってきます。

その痛み、違和感の場所をさらに手で触るなり、誰かに触ってもらい覚えます。

夜寝るときやお風呂でその位置を毎日確認。

おぼろげになったら、またその動きを数回して思い出す。

もしくは、やりきると、お尻の筋肉が動くようになるので、力を入れて動かして確認。

 

それらが苦にならなくなった頃にはほぼ記憶できていると思われます。が。たまに抜き打ちでチェックを(・_・;)

 

3000回やるよりはマシだ!!!!!!!!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

たまに誤解をしている方がいるようなので

なるべく丁寧に書いてみました^_^;

 

基本はやっぱりリハビリの先生との二人三脚ですね(・∀・)

 

リハビリの先生も人間なので、同じ事を何度も何度も言ってアドバイスしてくれるひとは少ないです。

退院して介護保険のリハビリでは、時間も短いですし、多くの患者さんをかかえているので、本当に自分で聞く、教えてもらったことは記録する。自分でも考えるなどしていかないと、現状維持はできても、先に進むのは難しいかもしれません。

 

さらに。介護保険リハビリでは自主訓練が多くなるので、自分を上記のようにセーブする事が難しい人が多いようです。

 

上手く動かない内に筋力を付けると!

最悪、動かなくなるので要注意!!!!!!!!!!!!

 

筋肉が重すぎて覚えたてのか弱い脳からの司令では動かせなくなります。

動かせなくなると何故か脳が忘れます。

私の過去の日記にもその失敗?例が載っています(・∀・)

 さらに!

指も器用に動かせなくなります。

 

どうしてもインナーマッスル以外の筋トレがしたいのなら、腹筋背筋をしてください(▼∀▼)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

手が動くようになったら

 

1

さらに動くようにリハビリ。ストレッチ焦らない

2

可動行きの拡張と起用さ、やりすぎない

3

速さ、メンテナンスも

4

スムーズさ

5

筋力

 

この1~5を何周も繰り返しやっていく積み重ねで治っていきます。

5までいくと、一度ガクンと全ての機能が落ちます。

出来たことができなくなったと悲しむ必要はありません。

そしたらまた1からです。

私はたしか今4周目です^_^;

 

困ったら「自分観察記録」を読み直すと結構役にたちますよw

 

 

 

過去ログ10 脳について考える

2017年3月の日記から

 

 

なんで突然こんなお題かというと、病気になりよくなってくると、不思議なことに悪かったときどのようなことをやっていたのか?がぼんやりしてきて消化されてしまっているので、今回、後退して、どーやってたか忘れないための覚書みたいなもんです(笑)

 

ちなみに、今日はなにがきいたのか解りませんが、麻痺側の体温は良い方とほぼ変わらないです♪足以外動きは良い♪足はインナーマッスルの筋トレが必修っぽーい。。

 

さて本題

脳は騙されやすい。

なぜそう思うのかというと、目の錯覚、催眠術、思い込み

 

思い込みというのが一番すごいと思うのです。

まだ病気になる前 「世界まる見え」 かなにかの番組と ドラマ「相棒」 で思い込みで人は死ぬのかの実験があり、被験者を椅子に縛に

「今からあなたの首の動脈を少し切ります」

といって鋭利な刃物を見せ、目隠しをし、被験者の首筋に、鉄の細い棒かなにかを軽く押し当て、その付近に人肌のお湯を垂らしつづけていく。。というやつ。

実際に被験者に傷はつけてないのです。

そして被験者に

「どんどん血が流れ出していきます。あと何時間かしたら出血多量でしんでしまいますね」

と伝えます。

そして数時間後被験者は本当に死亡するというもの。

似たようなもので、

「今からあなたにこの焼きゴテを足におしつけます」

といって赤赤と熱しられた鉄の焼きゴテを被験者に見せて、目隠し。

その後熱してない冷たい鉄を被験者の足に押し当てるとなんと火傷になる。水ぶくれまでできる。

 

 

よく鼻の穴や耳を動かせる人がいますよね。

はじめから動くひともいれば動かないところから動かせるようになる人もいます。私は練習して鼻の穴を子供の頃うごかせるようになりました。

 

巷で話題にあがっていた 「つんく咽頭癌で声帯をきりとって一生しゃべれない。

でも、今は練習により、食道を振動させてしゃべったり歌ったりできる。すでにそういう一般人の方々が存在している。

 

ちょっとエッチな話になりますが、性感帯も開発できるといいます。

 

つまり、『もう無理だ』とあきらめなければ脳がなんとかしてくれるということなんです。

個人的見解でいわせてもらうと、最後に上げた性感帯が多分一番楽に開発できるように思えます。(サイトのコメントなどをみるかぎり(笑))

 

つまり、いままでなーんも感じないところに、快楽をえられるように身体が変化する。つまり、脳がそこを触られると『きもちいい』と感じるように進化?新しい回路が出来た?といえないだろうか?

 

これは余談かもですが

本当に楽しくなくても口角を上げて笑顔をつくると脳が勘違いして免疫力が上がるという(笑)

 

もどります。

なぜ、それが一番楽にできるのか???

ますます多分の話になるのですが、愛する人と一緒にいたら気持ちが朗らかになるだろうし一番心のストレスがなく逆に癒やされる中でおこなわれるからではないか?

 

それをリハビリに活かすにはどうするのがいいのか?

 

『あー。まだこれもできない、ここを動かすと痛いけどやらなきゃますます、悪くなるからやるかー』

 

なのか?

 

なのか?

脳がこれは心地よい、嬉しい、楽しい、わくわくすると思うようにやるのが一番楽で一番のちか道なんじゃないだろうか?

 

私は小心者の人見知りなんです。

家から遠いリハビリ病院に入院していて週に1回子供達がきてくれるたびに身体を擦ってくれて、明るく励ましてくれました。そして来たときと帰るときは必ずハグをしていました。この瞬間ものすごい幸福感を得ていました。その感覚を長くキープすることを心がけました。

 

 

さらに話は少し変わります。

これは自分で出来ていないのでなんとも言えない話。

脳が再生?

かなり昔の記憶でよくおぼえないのですが、なんらかの理由で脳の半分を失った子供がいて何年かしたら残っている脳で失った方の、機能をおぎない、残っている脳が、大きくなっていたって感じだったはず。

 

これらの事から?

脳というのは使いようなんじゃないのかな?

やってやれないことは無さそう♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やっぱり私がかわっている人なのかも?

と、読み直してみて思つつ

面白い(笑)

 

でも、私が脳梗塞になった前後にしかもたまたま帰宅しているときにそういうテレビを見たというのは運命を感じますね^_^;

 

私は自分にアホほどお金がかかっていることをしっていたので、なるべく節約するために、病院の自室のテレビは大河ドラマだけにして、あとは我慢していました。

 

そいやぁ。私が入院していたリハビリ病院は私のところに来た見舞い客に請求書わたしてたなぁ。。本当に変わった病院だった。

 

ディルームのテレビは高齢者向けのものしかやっていませんでした。水戸黄門とかね^_^;

それなのに、相棒や世界丸見えなどのたまたまその特集などに当たるなんて運命感じちゃいますね^_^

過去ログ 8 頭

私は左側麻痺だったので右脳が詰まりました。集中力注意力が弱くなるらしいです。リハビリ病院に来てすぐやった頭のテストでも、ひらがなを拾うテストが落第でした(´Д`)


なにをしたらいいかセラピストさんに、聞いたところ、数独を勧められました。


ポイントは早くやるより間違わないで正確にやるということでした。


集中力がない??と試しにリハ室にあるぬりえを一時間かけて丁寧に塗ってみました。はみ出さすできる。
その事をセラピストさんに、言ったら
「集中力にも色々あって、右脳が詰まった人はそういうのじゃないの。ひらがな拾いとか数独ほうめんなの」というので試しにまたひらがな拾いをしてみたのですが、やはり落第(´Д`)


諦めて数独をすることにしました。


数独というより、数字が苦手なので初めは一問解くのに一時間以上かかりました。
やり始めて2ヶ月。20分以内になり、ひらがな拾いテストにも、無事合格しました。脳のそっち方面の損傷がこの程度でほんとに私はラッキーでした。

 

本当なら酷い高次納期脳障害が出ていてもおかしくなかったそうです(>_<)

 f:id:komataroutan:20171013183730j:image

 

「理詰め」について考える

今日生まれて初めて「理詰め」と言われ、さっそくググってみたw

 

実におもしろいw

 

なんでそんな事を言われたのか?頭をめぐらせてみると、確かにあった!

 

私は脳梗塞になって、脳の使われてない所を新たに開発して動かない手足を動かすことにしました。

 

本当にそんなことができるのか?

 

そんな事はどうでもいい。非常事態なのだから。

 

そう。

こう決めた時から私は、自分が目指す道に不必要なことを考えなくするために、本当は心のどこかにある。

 

脳の使っていないところを開発なんてほんとにできるの???

 

などなどの疑問を封じ込めるために、自分が思うあらゆる方向から「できる!」と自分自身を認めさせるために理屈っぽくしている。

 

これが私のリアルを知らないネット友達には「理詰め」なタイプの人に見えてこの称号をくれたんだろうなぁ。(ほめ言葉ではないね(笑))

この話を家族にしたら爆笑されちゃいました^_^;

(それはそれで酷いわね^_^;) 

 

私のリアルに関わってきたリハビリの先生たちも初めは私のやることをまゆつばでいたし、小馬鹿な態度言葉をなげかけてくる先生もいた。

リハビリがうまくいくようになってからは、

どの人も一目置いてくれるようになった。

 

だから、どの先生も皆とても協力的になっていく。

 

協力者がふえれば、自分の考え方だけでなく、色々な意見をもらえる。

可能性が増える。 さらにリハビリはうまくいく。

それが今の私の麻痺が治っていく過程の全てだ。

 

自分自信のメンタル、考え方も自分で支配してこそ成功するのかもしれない。

 

本当にそうなのか?はわかんないけどね(笑)

 

今日は知らない自分と出逢えたような素敵な気分(・∀・)

 

でも、ネット上。ここでも、そうおもわれているんだろうね(笑)

 

それなら、私の考え方しか載せていないブログやコミュを覗かなければいい。

なのに気になるとかね(笑)

寒いのはやっぱりダメなのか?!

今日は寒い。ここ最近はこの季節では異常な30℃。昨日までは半袖ですごしていました。

夜は突然寒くなり、毛布と布団、ばだがけ布団を使用。

 

今日は長袖長ズボン。天気は雨。

手足が痺れる(´・_・`)

手足ともに動かしずらい。重い。だるい。

ここ最近腕に着けている銀の腕輪が重いからはずす。

 

この二ヶ月ゴロゴロゴロゴロゴロゴロしすぎたせいで太ってしまい、そういう意味でも身体が重い^^;

 

今日は新しい訪問リハビリをしてくれるかもしれない人が問診にもうすぐくる。

 

さらにむだに緊張^^;

 

 今年の春から今日までこんなに身体が重かったことはないと思う。痺れの範囲も広い。

と、いうことは、昨年のように動けなくなる可能性があるかなー。

 

今年はさらに脱力もあったから、それも悪影響するだろうか???

 

普通は不安になるのだろうが

なんというか。

どういう結果がでるのか?楽しみ( ̄▽ ̄;)

 

リハビリを趣味にするようになってから自分の麻痺の身体すら良くも悪くも変化を楽しむ自分がいるなぁ( ̄▽ ̄;)

 

自分でいうのもなんだけど、私はかなり変わっているんじゃないだろうか?

 

あとは、心療内科の先生がどうしようもないというので、そっち方面も少しかじっていこうと思い立ち、最近資格などをチェックしているのだけれども。

怪し気な所が多いなぁ。。。

 

国家資格のだと大学出なくちゃいかんし。

そこまでの体力も頭脳も経済力もない。

 

とりあえず民間のやつからつまみぐいしてみるかなー(´・_・`)

 

問診終了。

 

聞かれた内容は、どういう事を望みますか?とか、体調とか。

本日は本当に体調が悪い。

前回もそーだったなぁ。

私の場合何故か、コンディションバッチリの時に調査や検査などが1度も当たらない。

たまたま毎回季節の変わり目にそういうのが重なるのもあるのだろうけど。

まぁ。仕方がない。

 

今回のお願いしようと思っている所から来てくれるのは、整体とか接骨院とか、揉みほぐし屋さんとかで働いているような人が来るっぽい?

国家資格のPT,OTさんなどではないらしい。

 

接骨院には昔暫く通っていたことがあるけど、かなり昔の話。

無痛整体も1度体験したことがある。

カイロのように骨をバキバキするのも1度だけある。

今勉強してみた?感じだと、接骨院ではトリガーポイント、リンパの集中する所などをメインにマッサージとストレッチをしてくれていました。

あの頃は肩こりが半端なくて、大柄の男の先生が汗だーだーになりながらやってくれていました。

2週間くらいは楽になりました。とても優秀な先生だったと思います♪

その場所は全て身体で覚えました(*´ 艸`)

今は図で場所を見て確認などしていますが、この経験があったので、とてもわかりやすいです。

 

でもね。

 

本当に素人の個人的見解だけども。

私の場合は、

肩こり、手足の冷えなどは、高齢者はわかりませんが、接骨院でそれらの事をしてもらうのもいいですが。

五体満足な健常者であるのなら。

週3で2時間ほどストレッチ、ルームランナー、筋トレをすれば筋肉が柔らかくなり、血流もリンパの流れも良くなって、身体の不調は改善できました。

 

筋肉疲労を起こす手前くらいの運動とストレッチ。筋トレ。(腹筋、背筋、横腹筋、ダンベル持っての腕の筋トレ、ゆっくりのと、早いのと。ダンベル運動は、護身術で教えて貰ったメニュー(笑))

 

多分これは、個人個人で体質、産まれ持った筋肉のくせ(柔軟性、しなやかさ、筋のやわらかさ)などなど、を考えるとなにをどのくらいやるのが効果的なのか?が人によって年齢性別で変わってくると思うので、一概に私に効いた内容がいいとは言いませんが、昔流行ったビリー・ザ・ルートキャンプのようにとにかく、どんな体質でも抜群に効果的な恐ろしく疲れる事をしなくても、良くなる?楽になる人は沢山いるんじゃないかなぁと思います。

あれは、とにかくしんどい。そして1年2年続けられるのはドMしかいないと思っています(笑)

 

そうやって考えると。

小中でやる体育の時間は将来大人になって中年高年になった時ものすごく必要だった時間なのかもしれませんね。

 

話が吹っ飛びすぎましたが( ̄▽ ̄;)

 

無料体験でそこの先生が来てどんな事をしてくれるのか?

とても楽しみ(*´ 艸`)