こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

脳卒中麻痺への私の考え方

麻痺をどのように考えていたか?というと。

私は脳梗塞なので、脳の血管が詰まることにより、麻痺がでた。

 

麻痺とは

脳が傷ついたり、して脳の機能が失われたことにより麻痺した。

 

麻痺した手脚とは

脳が傷ついたことにより命令機能に著しい支障がでたために、動かなくなった。

でも、実際の手脚の機能が失われたわけではなく、血管も筋肉も神経などかどが切断されたりして失われたわけではない。

器械でいうなら、配線は生きている。基盤を直せばいい。

電気で動く玩具のようなもの。

 

脳とは

テレビからの知識しかないけど、騙されやすい。催眠術にかかる。視覚トリックにひっかかる。誤認することがある。実はあまり賢くない。

使ってない脳が無くなった脳の機能をするようになることがある。

覚え直す事が可能。

思い込みで死んだと思えば本当に死ぬ事例があるくらいだから、なんでもできそう。

 

メンタル

お得な回復期はとにかくメンタルを強く保つ。リハビリを楽しくやれるようにする。

悲観して泣いている場合ではない。

泣くのは全てを諦めて受け入れる時で充分間に合う。

たまにガス抜きをして潰れないようにする。

 

感覚、神経とは

痺れは気のせいと思うようにする。

感覚がなくなった時は、目で確認触って確認。

エッチな世界では快楽部分を開発できるそうなので、感覚も開発できるはず。

 

筋肉の動かし方

からくり人形のような仕組み。

 

歩く

二足歩行が難しいと言われ続けていた二足歩行型ロボット。麻痺すると正にそれだと思う。

 

 

私がやってきた事(リハビリ病院)

簡単?に書くと

1,メンタルの維持

2,自分がどうなっているのか?の確認

3,言われたことは全てやってみて、それを元に自分のやりやすいようにアレンジする。

4,やることは正確に

5,沢山の意見を聞く。解らないことをわからないままにしない。解らないことは解るまで追求。考える。

6,いかに楽しく楽にリハビリをするかを模索

7,麻痺側が少し使えるようになっても過信しない。

8,無謀な事をしない。常に麻痺側と相談

9,常に笑顔で

10,教えて貰った動きが自分の生きてきた人生の中で似たようなものがなかったか?思い出す

11,リハビリを仕事にしない。趣味にする。

12,辛い時の逃げ場所を確保する

13,自己満足なリハビリはしない。

14,自分とリハビリの先生を信じる

15,リハビリや病気を忘れる時間を作る

16,出来ないことをいつまでもやらない。

今の麻痺側で出来ることをより正確にやりつつ、立ち戻り出来なかった事はなんでできなかったのか?なにが足りないのか?を模索する。意見を聞く。そのうち、繋がる。

17,ノイローゼになった時は病院を出てリフレッシュ(外泊)

 

このくらいの事かな?

 

私がやってきた事(急性期、家族)

春休みということもあり、子供3人が生徒から学生になっていたおかげで、春休みものんびりとしていたおかげで、ほぼ毎日子供達はお見舞いにきてくれました。

 

お見舞いに来ては、明るくニコニコと接してくれて、麻痺した手脚をかわるがわる撫でたりマッサージしてくれました。

その時の手の温もりや愛情などももしかしたら、私の麻痺した手脚が、この子達のためにも動くようにならなくちゃ!って思って活性化したのかもしれません。

精神面では、確実にあの子たちの笑顔や温もりに支えられました。

 

これは急性期の話しではありませんが、

退院後、脚の人差し指だけどうしても動かなかったのですが、子供があしの裏をマッサージをしてくれている時に

「ここがなんか硬い」

と言って、人差し指の付け根の所を付け根から踵に向かってグッと何回か押したんです。

今までプロのマッサージさんにもそんな所マッサージされたことがない場所と力の角度。

そしたら、なんと。脚の人差し指が動きました。

訪問リハビリの先生がここをマッサージしてもらうといいよっと言ってた事を伝えると、学校やバイトから帰宅すると、やりたい事も沢山あるだろうに、かわるがわる手が空いた子が文句も言わずマッサージをしにきてくれました。

私がたまに泣き言を言うと、

「よくここまで頑張ったと思うよ。自分では頑張ってないっていうけど、信じられないくらい頑張ってるもん。自分がお母さんの立場ならここまではできん。」

と、言ってくれました。

こういう事も回復にはかなり大きなきっかけになっていたと思います。

 

良い子達に恵まれました。

私がやってきた事1(急性期)

私が発病してからどのような事をセラピストさんたちが教えてくれる以外でしてきたか?

を覚えてる範囲で~

 

急性期で全く動かなくなった時

 

その頃なにをしていたか?

 

ベットでゴロゴロと動ける範囲で動き回っていました。

もちろん。

左半身は全く動きません。

真上に寝てることはほぼ無かったです。

さらに。

病院の夜は早すぎてとても眠れるものではなかったので、夜な夜なスマホゲームを12時頃までしていました。

やり方は、ベットの左右の柵の片方に寄りかかり、反対の柵に麻痺足健側の脚で踏ん張る?

あの柵はとても頑丈なのを看護師さんに確認してからやりました💧💧

小学校でよくやる3角座りみたいな?

麻痺足は倒れてしまうので、看護師さんにタオルで健側といっしょに縛ってもらいました(笑)

 

看護師さんからは、そんな格好してる人は見たことがない。

といわれましたが、許してくれました(*´ω`*)

足の裏を柵に押し付ける形なのでリハビリにもなるかもー??とかかってに思いつつ(笑)

ゲームはオンラインで仲間と協力しながら敵を倒す。さらにチャット。

右手が使えるのでラッキーでした(笑)

麻痺の左手の上にスマホを置いてやってました~💧

じつに器用なことをしてました。

看護師さんたちもビックリしてましたね(笑)

 

点滴治療が終わってからはさらに激しくなります。

 

毎晩のスマホゲームはもちろん続けます。

 

肩が外れるかもしれないから注意するように言われました。

 

なので肩が外れないように注意しながら、

ゴロゴロゴロゴロ…

麻痺側を下にして寝てることもあれば、

うつ伏せで寝てたり。

万歳をして寝てたり。。。

健康側を下にして寝てたり。

 

若いから??

半身の健康側だけでそれだけの動きがたやすくできました。

万歳の時は健側の手で麻痺側を持ち上げました。

下ろす時も。この時は外れないように細心の注意をしました。

あとは無理のない範囲で頭の上で引っ張って身体の横ラインを伸ばしたり。

もちろん、この頃左半身はぴくりとも動きません。

腕なんてでんでん太鼓みたいな動き方でしたね~💧

あとは

身体の捻りをよくしてました。できる範囲で。

 

直感的にいえば、それらを「やならくてはいけない。」

と思っていました。

なぜか頭に浮かぶのは、野鳥のヒヨコが巣の中で翼をバタバタ足でピョンピョンしているようなものがずっと離れませんでした。

子供の頃に見た「野生の王国」や今の「ダーウィンが見た」?来た?の映像。

 

とにかく本能といってもいいのかもしれませんが、そうしなくてはいけないと思っていましたね~(笑)

 

そういえば、この頃からもうすでに看護師さんたちには「変な人」って言われてました(; ꒪ㅿ꒪)シツレイナ!!!

 

 そういえば。

スマホゲームをすると物凄く本体が熱を帯てかなり熱くなりました。

手の甲や平、太ももに乗せてやると、乗せた所が真っ赤になるくらいでした(゜д゜)

この熱も良かったのかな??

 

担当看護師さんから目が見えにくくないか?

視界が削れてないか?

よく聞かれましたが、大丈夫そうでした。

手の指の動きがわるくなる~(; ꒪ㅿ꒪)

この所眠っている時親指と人差し指が曲がっていて目が覚める。
前のようにグーっとつよくにぎりこむほどではないけどあかんやつや(`・ω・´)

最近足のことに気をとられすぎて手のほうがおろそかになっているのがすぐに出る。
使い物にならないと言われる手脚というのは、動くといってもこういうリスクが伴うものなのかしら?
それとも、よく言う3年固定の3年目まで集中しつづける必要があるのかも?

「動かない手脚が動くようになる。」
で終わったー!
と思ったら、次は

「普通の生活でスムーズにつかえない!!」
が慣れてきて、これでほぼ行けるか!?
と思って脚に力入れ始めたら

「手の弱い所の動き、筋収縮かよ!!!!」
と、いっても、今ならまだすぐに元に戻るレベル。

駄菓子菓子

私が手のみ脚のみで自主トレをしてきているのは、その方が効率がいいから。集中するなら一箇所づつが物凄く治りが早いから。

ももう、それらは卒業したのでつぎは、
遂にというか、どんどんめんどくさくなっていく。
手への意識も忘れず、脚のへの意識もする。

ある意味異変にすぐ気がつくということは、手への自然な意識はできていると思うのね。
ただ、今までは24時間、手のみに意識がいくようにしていたけど、脚の筋肉への意識をするようになり、歩く時以外も常に脚のインナーマッスルへの意識を少しだけしているのが、今回の親指、人差し指への影響なんだろうね。

お陰様で脚のインナーマッスルは維持できており、足上げがさらに高くまであがるようになったのでさらになぜか強くなったようです。

つまり。

今後はこの意識の分散レベルを維持しつつ手脚がさらに自然に自由に変な動きがないように動き、持続し、疲れない、体温の維持、気温湿度に影響されない。などなどをしていくというのが課題になっていく事になりそう。
細かい事を言えばまだかなりあるけれども。

多分これが完成した時、リハビリが完全におわるのだろうな~

皆さんがんばりすぎなんじゃ??

こんなことを書くといけないのかもしれませんが。

 

脳卒中による麻痺をなんとか治したい。

その気持ちはよくわかります。

私もその1人ですから。

でもね。

なんで、なんも考えないでとにかく良いと言われている事をやればいい。

って思うのかなぁ💧

その結果。

良い所まで悪くしてどーすんねん。

 

基本的に脳卒中系になるひとは、自己管理ができていないんだろうけどさ。

先天性でなる人ももちろんいるだろうけど。

ちなみに私は原因不明。

血圧、コレステロール、共に特に問題ない。2年に1度のドックでも通院しろと言われたのは、胆石のみ。

血管年齢は高いらしいけど、もし、それで脳卒中になるなら、脳出血でないとおかしい。



f:id:komataroutan:20170722151719j:image

 

私が知り合った人達の男性(50~80歳)はほとんどが、(全員ではないですよ?)人の話を聞かない。勝手に都合よく理解してガムシャラに間違った事を続け故障もしくは、良くなったところまで悪くなる。

そして。落ち込む。

そして自分は頑張っていると豪語する。

まぁ、本人がそれでいいんだから、良いんですけどね。

脳の損傷箇所でそういう判断しかできなくなっているのならどうしようもないですし。

 

それにしても、男性が半端なくそういう人が多いのが不思議だ。

それとも。

見えてないだけで女性もそういう人がおおいのかな?

 

地味な作業でも一つづつ丁寧に悪い所を治していけば、必ずよくなるのに。

自分の麻痺レベルに合わない事をガムシャラにやって潰れてく。

気持ちもわからんくないけど、それを数年やりつづけるなんて。

最後は動けなくなるんじゃかいのかな(; ꒪ㅿ꒪)

 

そして、私の回復に驚く。

 

そのうち、私が余計な事をその人達にいいださないように、そういう人たちからは、少しづつ距離をおくことにしよう。

 

それが彼らには幸せな事だろうしね(*´ω`*)

 

脚の温度

マジで暑い日がつづいてるね。
毎日朝から30度近い。

 

脚としては初の事がついに激しく起こった~

膝から上下で体温が物凄くちがう!
お尻から膝まで暖かい。ほかの身体と同じくらいの温度。
膝から下は氷のように冷たい。
面白いのは、足首から先は暖かい。

娘に触ってもらったので、客観的にもこの見解で合っているはず。

 

室温28度。屋外32度。

何故気がついたかといえば、ふくらはぎがつるほどではないけど緊張があったから。

腕がそうなることは昨年退院後からつい最近まであったけど、今回はない。


腕がそうなっている時はかなりの関節、筋肉に痛みがあった。
今回脚はその痛みにくらべるとさほどでもない。

ただ、いつもより、歩く時動きが若干遅く。扉で足を挟んでしまって、痛かった💧

 

今の麻痺側の全体的な感覚としては。
ベットに横になっていると麻痺していることを忘れるくらい、普通に近い感覚。重さを感じることもない。


リハビリでは、
先週まであったお尻から脚先まであった後ろ側の硬さが取れていると驚かれました。(当然、自然にほぐれたわけではないです。)
足の指が普通にしていても指と指の間に隙間ができるようになった。
足の裏の筋肉、足指の筋肉の間の筋肉も柔らかくなっているという事。

冷えていたふくらはぎには若干違和感がある。
硬さ、緊張は触る押すくらいでは、わからない。
健側の膝で麻痺のふくらはぎをさすっているんですけどね(笑)心地よい。

脳出血友達は感覚がなくなっている。
でも中途半端なところまでは感覚がもどっている。二の腕の途中まで感覚があり、残り指先までは感覚がない。目で見て触ると分かるらしい。

こんかいのこれと↑はあまり関係がないかもだけども。

とりあえず、普通じゃない。
私の温度が途中でつめたくなって暖かくなる。

考えられる事は
もも、足首から先は筋肉がちゃんと動いている?から暖かい。
膝下から足首までの筋肉に麻痺が他に比べると強く出たから??

私の麻痺側は気温差にはかなりの影響を受けることがわかっている。
湿度の影響はかなり克服されてきているけれど。
この影響の受け具合は、本当に激しく。
動けなくなるほどに酷い。麻痺側の平衡感覚がにぶくなる?無くなるといってもいいのかも?

今年のこの暑さでうまく調整が完成できるといいなぁ~(笑)