読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komataroutanの脳梗塞日記

◯通枝梗塞(◯のところの字が難しすぎて読めません!)に2016年3月初旬になり、日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

19日目

検証しているが、やはりなかなかむずかしい。

タイプa

40後半になると頭が固くなるのか?社会的地位も、できる年齢なのでプライドが高いのか?とりあえず「はいはい。」と返事だけでなに一つ人の話を聞かない。

当然何も変わらない。

 

タイプb

病気をしてから、リハビリのお陰でここまで良くなった。この先生だから良くなった。

盲信的すぎる。

客観性にかける。

 

タイプc

楽しくやってくれている。でも他のメンバーよりかなり軽度で多分私のやり方でやらなくても、充分治ると思われる

 

タイプd

楽しく私の言いたいことをよく理解してやってくれている。

筋肉の緊張を自分の意識で柔らかくすることができつつあるようだ。

何にでも、興味をしめし、自分でも考えて工夫している。

50代の方だが、1度は死んだ命だとおもって頑張らるらしい

 

 

脚キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

やっと待ちに待った脚でやる内容きました!

昨年11月から少しづつ脚への意識を強め、それより前(昨年8月頃)は、意識しても、

 

大きい

重い

よくわからん

 

だった。

それから今年に入りビー玉を足の指でつまめるようになり、麻痺脚を動くようになった手と良い方の手でマッサージしたり、とにかく触りまくった。

そしてストレッチやら、今までの人生で足に関する運動に近い動きなどをしまくった。

足の重さを軽減する方法がみつかった。

その瞬間!!!今週4月24日ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

直感といっていいんじゃないかな?

内反は治ったと思っていたが、まだ軽くだけど出ている!

ビー玉を握って足を引き寄せた時に出る!

つまり

歩く動作のどこかで内反が少しでているから歩きにくい!

すぐリハビPTの、先生に質問をぶつけた。

その答えを聞きながら頭で全ての情報をもみくちゃにして考えた!

そして、今私がやるべき自主トレが解った!


 

この感覚は岐阜の金華山近くにある岩砂病院に入院中、OT布目先生が教えてくれた事と同じ。

「なんで上手くいかないのかな?良い方の手と悪い方の手の違いはなに?」

あの時は

麻痺した腕で机の上のタオルを真っ直ぐ前に押し出して戻すことが出来なかった。

でも、その一言で全てが解った。

あの時によく似ている。


 

そして、次の日の、通所リハビリで早速実行。

久しぶりに瞑想から始めた。基礎運動をしてから、椅子に座り、装具を外し、靴下をぬぎ、全神経を麻痺した脚にと、いいたいが、まだ、麻痺した手にも集中が必要。

7、3くらいで集中

膝を曲げて足の裏を椅子の、座る所に置き、真っ直ぐに立てる。目で角度を確認。

支えていた両手を離す。

足の付け根からブレる。

最近始めた脚に、ボールを挟んでいる時の感覚を思い出し、もう1度足がまっすぐになるようにして今度は両手で支えた状態のまま、目を閉じて足のバランス感覚と筋肉の力の入り具合を頭に叩き込む。

そして足を下ろし、少し休憩して同じことを数回繰り返す。

そして平行棒のところに椅子とビー玉を持って移動。

椅子くらいなら軽く運べるようになった。

 

そして、立って足でビー玉を掴む。

あぶないので平行棒につかまりながら。

やはり、ビー玉を足で掴んで持ち上げると内反が多少だけどでている。

多分これが致命的な要因だ。

それを確認して、

また椅子に座る。

そして、麻痺側の足でビー玉を掴み、膝と椅子の間にクッションを入れて足を浮かす。

そして膝下の、力を抜く。ビー玉は落とさない。

分離をしながら、膝から下の筋肉の緊張を取る。

靴を履く部分がほぼ水平になる。

それを目で確認。

そして、そのまま目を閉じてこの膝から下の全ての感覚を頭に叩き込む。

手で1年間ずっとやって来たことだ。

それを数回繰り返す。

物凄い情報量が頭に流れてくる感覚。

頭が真っ白くなる。

目を開けると麻痺側の目が霞む。顔面から頭のてっぺんまで麻痺側が痺れて引きつる感じがする。

麻痺側の手のひらから指先までビリビリする。

ここまでくると、休憩が必要。

本日のリハビリ終了。

恐ろしい疲労感。甘いコーヒを飲み、ゆっくり休憩。

そして、帰宅してソファにすわっていたら眠っていた。

本当は、あの、限界が来た時すぐ横になって眠ると1番効果がでる。

この日は腕の背中側に繋がる筋トレもして、場所を覚えたのでその、ダブルパンチで疲労がひどいかったのかもしれない。

そして、夜布団にはいり、寝ていると、麻痺側の脚の付け根からの位置がおかしいのが解った。

麻痺して筋肉がなくなって戻りつつある時に、1番楽な形で今まで過ごしていたようだ。

外側にいきすぎている。日中足を真っ直ぐにした時の感覚と違うということなんだろう。

 

そして、ゲイトソリューションの油圧を4から1に先生が判断して変えてくれた。





 

 

 

今私がやっているのは、動かない所をいかに動かすようにする。は終了。

微かにうごくようになった場所をさらに強くして、分離した動きにし、さらには関連する動きへと行こうする。

そして、いかに、楽で、持続力をつけていくか、無駄な動きはないか?おかしな動きや角度がないか?バランスの崩れている所はないか?などなどをしています。


今の身体で生活している時、微かでもおかしい、変と感じた所をこと細かく観察して、自分で修正できるか様子をみて、リハビリの時に先生に相談して、どうするのか聞き、とりあえずやってみて、納得がいかないようなら、さらに意見交換をして、これがいいというものができたら、その単体の筋肉の筋トレ方法を教えてもらい、場合によっては先生が宿題にして次回おしえてくれたり、こっちの方がいいかも?と提案があったりします。
そして、それを性格に筋肉痛にならず、負荷がかかりすぎず、でもちゃんと効果がでるギリギリの所まで鍛え、そこの筋肉を常に意識して1週間後、具合をまた、リハの先生と確認し合う。

それが発病から1年2ヶ月弱の今。

 

今日リハビリの先生からゲイトソリューションの油圧を、4から1に変更。暫く様子見。。

でも、早く歩くとペタペタとあるいてしまうので、2にしました。

違和感あったら動かしていいといわれたので( ̄▽ ̄;)

へぇ。。。

参加者さんの1人が、全くお願いすることをやってくれない。まぁ、それはそれで、そういう人がいる事がわかっていいんですけどね(^-^)

その方が突然語り始めた内容が、私の考えと大阪府のとても有名で国からも表彰された先生方と私のリハビリの考え方が似ているから参加した。とのこと。

始めはほーほーと思っていたのですが。

もし、それが本当で、国から表彰されるくらいの実績があるのなら、私が疑問に思い、検証している内容はもうやらなくていいじゃない???

自分のリハビリ身体の管理をしながら、他人のことまで気にかけるのは正直大変。疑問が解けるなら、これで終了しよう!そして、自分もその先生のやり方のリハビリに切り替えれば楽ぢゃん♪

と思い、詳しくきいてみた。

「その先生の思想でどのくらいの人達が驚異的回復をしたんですか?」

返事は、期待はずれ。。。

偉い先生で、リハビリの先生の先生とかで、本人は患者さんをみてないから解らない。といった内容。

それでも、国から表彰されるくらいの凄い人なら、大阪でも有名なはずだし、その先生の思想?の元、多くのセラピストがその考え方を実践しているはず。

それでも、回復した人数は答えない。

業を煮やして、ネットでその先生達の名前を検索。国から表彰されるのなら、論文がでているはず。

 

ない。

 

該当したのは、大阪府作業療法士(協)会会員。

 

他にはない。

 

へ??

 

私はリハビリ病院に入院中、こののリハビリのドクターは全国でも有名とか、講演会をよくしているとか、聞かされていました。

が。

実際、ネットで検索しても、そこの病院のドクターとしかでないという。

なにそれ?

 

と、いうことがあったのを思い出した。。

どれだけガッカリしたことか。。。

 

ドクターやリハビリの先生の多くは、科学的根拠、立証をする。

私(患者)は、紙の上の話や理想論、なんて正直どうでもいい。

実績が頼り。

今までの統計でのこくらいまでしか治らなかった人が、ここまでよくなった!

とか、

完治した!の人数を知りたい。

霞や、蜃気楼、伝説ではなく、リアルに触れるくらい身近な実績がないのかよ。。。

 

結局、また元の道に戻る。楽な道には無いのね( ̄▽ ̄;)

 

よくよく考えてみれば、作業療法士理学療法士という資格はまだ歴史が北朝鮮ほどもないんじゃなかったっけ?

まだまだ未開拓な職種だとおもうから、逆に明るい未来もあるかもしれない。

 

皆は私とは程遠い頑張る、考察する。という世界にいるのかもしれない。

とにかく、なにか違いを感じる。

そのうちハッキリするかしら?

 

自分のやり方は、自分には合っていると思うけど、ほかの人に通用するのか?

それの本当に決めてとなるのはもしかしたら、そこなのかもしれない。

もし、そうなら、この計画は上手くいかないんじゃないかなぁ???

 

 

4月14日から始めてみてどんな事をしているのか

募集をして10日いま感じていることなど

やってもらっている内容。
〇毎日の瞑想5分から1時間。これだけは忘れないように。
〇日記。一行でもよい。
〇サイトでの「今日なにしてましたか?」に投稿。参加者どうしの交流はここでしてもらっている。
〇自分のスレッドを立てる
〇なにか不安があったら個人的に連絡する

やってはいけない事など。
〇参加者どうしの進み具合の話
〇競走する。
〇頑張る。
〇仕事にする。

その他
〇リハビリの、先生にこの話をすると、「その人は治るひとだったんだね」「その人とあなたは病気の場所がちがうから」といわれますが、気にしない。
〇動きはじめたような気がした時リハビリの先生にその話をすると「うーん、気のせいかな」といわれますが、その感覚が大切
〇動きがよくなっていたのに悪くなったら「そんな日もあるさ~」程度に思う

考え
〇先入観はとてもよくない。
〇自分の今まで生きてきた人生経験を信じる
〇自分は天才ではないので、使っていない脳の部分はある。
〇身体が切断されたわけではない。脳に損傷があり、うごかなくなった。
動くための感じるための物はすべてある。
〇自分の事は、医者より、リハビリの先生より自負自身が1番近くにいて解るはず。医者やリハビリの先生は知識がある。
〇脳というのはどちらかというと馬鹿である。
騙されやすい。思い込みで本当に自分が死んだと思い込み死ぬことができる。(心臓を止めることができ、熱くない焼きごてを当てて、火膨れができるほどの火傷をおうことができる。なら、動かすこともできると思う)
催眠術、視覚トリックにひっかかる
性感帯は開発できる(感覚が無いひとはここに希望があると思う)
〇言霊
〇心からの安心感、幸せ

家族に協力してもらうこと
〇ボディタッチやハグ
〇なにかできるようになったと報告があったら、一緒によろこぶ
〇涙がとまらなくなっていたら
話をきいてあげる。同調する。
「頑張れ」はいわない。


参加者さんには土台ができるまで、なんでそんなことをするのかは、伝えない。先入観がはいり、あーならないといけないんだ。と思う事がよくない。と思っうから

奇跡的といわれたので。

脳梗塞になり、時間がたっていても順調に回復している。その回復が珍しいくらいらしい。

そして、リハの先生から、

「コマさんのやり方高齢者にもききますかね?」みたいなことを聞かれ

「効くんじゃない?」

と答えた。

でも本当にそうなのか?とてもしりたくなったのと、奇跡的回復?をなぜするのか?を知りたくなり、某サイトにて被験者(私の趣味につきあってくれる人)を募集して検証?してみることきした。

 

参加者は女性一名男性二名からスタート。