こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月初旬になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

親指はすごいんだね!(手)

前に書いたか覚えていませんが、私はスマホゲーをかなりやる人です。

ロールプレイングとかオンライン協力ゲーなどを主にやっています。

 

基本的には、左手(麻痺手)でスマホを持ち右手で操作。

発病して点滴治療中もずーっとやっていました(笑)

 

今回。ゲーム友達から新たに一緒にやらないか?と誘われたのですが。。。

これが

両手操作ゲー。。リネージュ2

動きが左手親指。右手で攻撃。

 

入院中麻痺手が動くようになった時、プレステ2のコントローラーを病院に持ってきてもらって親指を動かす練習をしたり、PSPでモンハンで狩りをしたりしましたが。。。

やはり難しいです。

モンハンに関しては、一クエストなんとか終わった所であまりに大変なのでギブ^^;

PSPのクルクル回る親指コントローラーは重宝しました。

そして、今回。平面画面の指に反応する。

相手の攻撃をよけるための動き。。

ただマップ上を移動するだけならできないこともないのですが、これがかなり難しいです。

息子に1度戦闘してもらって親指の動きを観察真似してみました^^;

グルグルまわすのは当然として、シュッと親指を対角線上に伸ばしたり戻したり。

これが難しい。

「伸ばす」「上げる」「曲げる」はリハビリでしてきましたが!

それらの動きのさらに上を行く難しい動き。

角度がよくなければ、爪が画面に当たり反応しない。

曲げる角度?深さ?速さ。

スマホ無しで指の動きの練習。

あんまり頑張り過ぎると分離運動ができてない。

親指の根本から曲げたり。

のばしたり、親指の付け根から引き上げて曲げたり。

かなりの難易度(T ^ T)

 

このままじゃ、ゲーム友達が言うように、「こまさんは同じ所で立って見てればいいよw」

になってしまう~(*´’Д’):;*:;カハッ

少しがんばってみよー(´・_・`)

 

肩の三角筋がさぼっていたのですっかりしぼんでしまい、背中の筋肉でうでをもちあげていた先月から今月。

つまり、三角筋への意識がうまくできていなかったということなんですけどね。

他のちゃんと意識が行っていた部分はリハビリで鍛えた筋肉がのこっており、意識がしっかりできてなかった所だけ、単品で弱くなっているという(笑)

今の私はものすごくおかしな筋肉のつき方をしています。

今日から三角筋への意識をはじめます。

意識を始めると、そこの部分が少し暖かくなるような?なにか充電されるような感じが今の所しています。

多分数日意識と軽い三角筋へのリハビリをすればかなり元にもどるんじゃないかなー?

今の私の麻痺側の肩は水平に手を上げると肩に三段バラのようなものができます(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

うまく写メとれたらそのうち載せますw

 

ハイジをみて思ったこと(笑)

最近テレビの再放送でやっている

アルプスの少女ハイジ

を見るのが日課になっています。

幼い日毎週みていて懐かしく思ったのと、ザックりとしか覚えていなかったから(笑)

 

ハイジの後半

クララがアルプスに滞在するようになり、自分がどれだけ色々な人達に迷惑をかけてきたのか。を知ったり、牛に驚いて思わず立ち上がってしまったり、ハイジやペーター、おばあさまからの期待に押しつぶされて涙したり、心が弱ったときに車椅子を持ち出しに失敗して大破させてしまい絶望している所をハイジとお爺さんに見られて、恥ずかしい気持ちになったり、もう歩けなくてもいい!!とやる気をなくしたりと、内容盛りだくさん。

 

この辺をみているとリハビリ物語な感じに思えたり(笑)

幼い日に見た記憶だと、クララが立って車椅子が壊れてクララのお父さんがクララが歩いて喜んで街に帰る。

という記憶w

 

クララはリハビリをしている人達の代表のような存在なんだろうなぁと思ったり(笑)

多分多くの脳卒中にかぎらず、リハビリをしなくてはいけない人達はこういう感じなんだろうなぁ~と理解できるお話。

ご家族さんは1度そのへんだけ見てみるのもいいかもですね∠( ˙-˙ )/

YouTubeでもみれるしw

 

今日の不思議

昨日は限界まで動いたわけですが。

それがよかったのか???

よくわかりませんが(`・ω・´)

ぶん回しが出るものの。装具なし、つま先立ちで家のなかを歩いている自分。(`・ㅅ・´)

数歩で麻痺側の足で支える時目線が少し落ちるので気が付きました( ゚O゚ ;)

 

私は発病前までは、よくつま先立ちで歩く癖があったのですが、発病してから初!

 

顔を洗う時麻痺手の指の一部が顔に引っかかっていたのにスムーズ。手首から肘伝いに水でぬれてたけどね^^;

 

天照様がなおしてくれたのか!?!?

 

ありがたや~(๑>؂<๑)

 

とかいいつつ(笑)観察してみる~w

 

麻痺側筋肉の熱量がいつもより高い。

筋肉の1本1本がまるでオイルでもさしてもらったかのように、滑らかな感覚。

よろしくないと思うところは構造をよく考えてその部位を軽く数回なでてやれば硬さもなくなる。

 

適度な運動、楽しい時間を過ごしたしたことにより、筋肉、感覚、神経などなどが活性化したもよう。

 

多分

麻痺になり、全く動かなくなってから

全ての「動き」をとりもどした後は、なるべくニコニコ楽しみ、心の硬さを取り除き、適度な運動をすることにより、あとは自然に治るのかなぁ???とか思ったり(`・ω・´)

 

「全ての動き」を取り戻すには、以前も書いたように、今までの人生経験の全てを思い出し、どんなことがあっても諦めない強い信念。正確な自分の麻痺の把握。無茶と無謀なことをしない、本当の意味での地味な努力、人体がどうやって動いているのか?の勉強。

 

自分以外でこれが出来ている人はネットサーフィンなどで、上手く治っていく人のブログなどくらい。

でも、その人たちは障害者手帳をもらっているようでもない。

 

発病から半年あたりを目処に(発病から半年で障害者手帳の発行をしてもらうことができる。)

普通にまでなおっていったんだから素敵なことね♪

 

覚え書 座って膝を△にして足が滑る時

心療内科からお薬をもらいましたが、副作用が気になりずっと飲まずにいましたが、一昨日1粒飲んでみました。

頭痛吐き気などなど、あまり良くなさそう(T ^ T)

でも次の日久しぶりに色々とやる気がでてきました(//∇//)

雰囲気でいうと、脳みその一部に蓋?をされたような変な感じです。

これは飲んでいいのか?やめるべきなのか?悩む所。

 

昨日は子供たちとかなり久しぶりに金魚を買いに行き、新しい豆粒のように小さい琉金を3匹えらび20cmの青文1匹のいる90cm水槽が久しぶりに華やかになりました(๑>؂<๑)

 

今日は子供達と私が発病してから初の日帰り旅行♪

伊勢神宮に行ってきました(`・∀・´)

正直な所あそこを歩いて行けるかかなり不安でしたが、子供たちの助けを借りて3週間ぶりくらいに外を沢山休みながら歩きました。

赤福の入ったかき氷が絶品でした(๑>؂<๑)

本当に久しぶりの外で、天気も良く風もほどよくあり、美味しいものも食べて楽しい時間を過ごすことが出来ました。


f:id:komataroutan:20170914230504j:image

 

そして、振り返りの考え事は沢山してきましたが、久しぶりに麻痺を治すための前進をする気になりました∠( ˙-˙ )/

 

ここからは今日やった事の覚書などをw

 

ベットのうえに腰掛け足を三角に立てて折った時。

 

麻痺側のあしが踏ん張れなくてすべり落ちる。

これをどうにかする。

お腹を凹ませおしりの穴に力を入れる。

太もも裏で足をキープするイメージ。

太もも裏からお尻に繋がる筋肉をつよく意識。

そのうち、そこの筋肉に痛みがでてくるので、その痛いところをしっかり覚える。

そして、明日おなじ姿勢をする時にその痛いところをしっかり思い出してキープする。

 

ポイントは、

初めはうまくできなくて全身に力をいれて、キープ。

それができたら

上で書いた所の筋肉以外のいからをイメージしながら抜いていく。

すべりやすい時は、足の裏で踏みしめる。踏ん張る。お尻上げをしてキープなどなどしてキープの感覚を覚える。

健康側のあしによりかかってよい。

左右対象に

リラックスしていても、他に気を取られていてもその脚の形が崩れないようにできればほぼおっけー。

最終的には、お腹おしりの穴に力をいれなくてもできるようにする。

 

このまま

やる気がじぞくしますように(。-人-。)

 

参考までに

どうしてこの人が動くと思ったのか?

 

ほかの人をみた事がないので色んな脳卒中麻痺の人に適応されるのか?はわかりませんがー。の話。

 

その方とはリハビリ友達で通所リハビリで会うとよく話をしていました。

腕に関しては色々分かっている?つもりの私はその方の肩周り背中、腕手のひらを健康側を含め全て触りました。

 

1.肩周り背中、胸、筋肉体温申し分なし。

2.感覚神経無し。

3.痛覚あり。

4.関節の柔らかさ申し分なし。

5.指先は多少動く。

6.肩はかなり下がっている。

7.肩は立っている状態で30度まで上がる。

8.歩くのは私より上手く、早い。

9.子供の頃はサッカーをずっとしていた。

今もサッカーが大好き。

10.口では良くなりたいといいつつ、もうこれ以上よくならないと思っている。

 

この、中で一番問題だと思ったのは、10番。

前のコラムで書いたようにメンタルはとても重要。

脳はだまされやすいので、そう思っていると脳もそうなんだと思う。

精神疾患でも手足が動かなくなることがあるらしい。

 

前にも書きましたが、会う度に肩を上げる練習をするといいよっと言い続けました。

「難しいんですよ。」といってきますが、筋肉はしっかりあるので、出来ないことはないと確信していました。若い人だしね(笑)

一年かけて肩は水平にキープできるようになりました。

集中力を高める為に瞑想なりをするように言い続けました。

多少やったみたい(笑)

 

ワンバウンドボール投げ

私がこれを初めてやったのは、発病してから10ヵ月くらいの時。

そんなことが出来るのか???と思いつつリハビリの先生とやって見た時、感じたのは。

 

「あ。これ知ってる。子供の頃これと同じ動きをした事がある!!ワクワクする~(*´ω`*)」

 

でした。

これこそが動きを出すのに必要な経験なんだと思います。

この子供の頃の経験を思い出すという事にも瞑想がかなり役に立つと思います。

 

腕の事は以前コラムに、書いたよーな気がするのではぶきます。

 

それをふまえ、その方の大好きなサッカーににた行動をすることにしました。

平行棒に捕まってボールけり。

本当は知ってるけど、上手く蹴る方法などを教えてもらったりしながら、数分やると自然に笑顔になり楽しんでいるのが分かりました。

 

これこそチャンス!と思い注文をつけたりして動きをどんどんよくしていきました。

昔の記憶を脚が思い出しているって感じなのかな??

そーすると、

あ~ら?不思議。

出来なかったことができるようになっちゃう(笑)

もちろん、今のその方の筋力動き具合をみて予想をたてながらやるんですけどね(笑)

 

たまたま上手くいったのかもしれませんが、

言葉による適材適所の誘導もかなり効果的。

 

はたして、これをリハビリの先生たちはできるんだろうか?(`・ω・´)

私は自分が脳卒中になったからこそ分かる事を伝えているだけ。

 

個人的にはもっと色々な脳卒中患者さんをみてそうやって色々試して見たい!!!という欲求もあるのですが、リハビリの先生になりたいという訳でもないので、これ以上はほかの人をみることができそうもないので残念ですが、仕方がないですね(`・ω・´)

なにげに通所リハビリで周りを見渡すと、もったいない人が数名はいますからね(`・ω・´)

でも、私がアドバイスやみるのはまた変な話ですからね(笑)

 

全ての脳卒中の麻痺のひとが治るかは分からないけど、もっと動けるようになる人は沢山絶対いる。

 

でもそれを指導できる人がいなさすぎる。

それなら自分でやればいい。でもできる人は少ない。

ほんとにどーにかならんもんかねぇ(`・ω・´)

 

確信

脱力の事があり、数日かかって戻るという事を少し前に書きました。

それを今回は確信を持って言える出来事がありましたのでご報告。

 

今実家にきていてほぼストレスフリー♪

脱力が合ってら動かしにくかった麻痺側でしたが、数日実家にいるだけで、熱中症の脱力で倒れる前までの動きにほぼ戻りました。

家にいる時は筋肉が持続してあることは確認できていましたが、動きが悪くなっていました。

動いてみてわかるのは、やはり、筋肉を作り上げ、余分な力も入らないようにコントロールできるようになって、分離もしっかりと覚え、常に少しだけ意識を続けることが普通になっえいた所はあっという間に脱力になる前の動きに戻りました。

高速道路の2時間運転も平気。麻痺手もしっかりハンドルを握り、肩も下がらない。脇の締め具合も良い。

麻痺側の手でテニスボールを投げてキャッチもできる。

微妙な動きにくさはあるにしても、

「落ちた。かなり鈍くなった」

というのはゼロ。

脚に関しては、お尻周りは問題なし。

足首も上がる。

蹴り上げもまぁいいかな?

意識があまり出来ていない膝周りがお粗末。

ハッキリと差が出ている。

つまり、しっかりやりきれば、脳卒中の麻痺は治る。

少なくとも毎日何千歩もあるかなくても良い。

 

もし、脳卒中にまたなったわけでない脱力などの四肢障害がもしでたとしても、数日寝たきりになったとしても、筋肉、動きは維持できる。

上記内容がしっかりと出来ていれば、

若い人なら、毎日歩き回らなくても、歩けなくなることはなさそう。

高齢者でも、年相応の運動でよいのかも?

 

ただ、いつも書くのですが、ここまでできる人が私が知る限りあまりいません。

が、

できる人もいます。

本当にいつもこのブログを書いていて壁にぶち当たるのは、ここ。

 

年数が経っていても、動く可能性は絶対にある人は沢山いると思うのよね。

関節、筋肉を柔らかく保てているというのが必要だけどね。

↑が多くの人たちが難しいみたい。

私は脚の筋肉を作り始めたのは発病から一年以上経ってから。

それまでは、リハビリの先生に言われたことをやっていたけど、数日寝たきりになるとすぐに筋肉は萎えて固くなる。

自分で意識をし続けることを覚えてしまえば、筋肉は少し萎えてもすぐに戻る。固くなってもすぐほぐれる。

 

こんなことばかり書いてると私が特別なんだといいだす人がたいはんですが。

 

以前も書きましたが、私はアスリートでも運動オタクでもない、ゲーマーの類の引きこもりの方に近い人です。

 

リハビリの先生が優秀じゃないという事でもなく。

自分の体は自分自身が一番分からなくちゃダメ。

でも、本職リハビリの先生や、ヨガのインストラクターでさえ私の言っていることをやる事が出来ない。

逆にそういう人でなくてもできる人はできる。

 

難しい。。。

 

今書いているリハビリのやり方は最終形態になるので、こればかりは、リハビリの先生に頼れる内容でもない。

全ては自分自身でしかないのだけど、どうやったらどんな人でもできるんだろう???(`・ω・´)

 

あとは、メンタルが大きく影響する事も今回の事でよく分かりました。

 

長くなるので

参考までに私がなにをみてどうやって麻痺になって3年たった人を動くと思い、動くように誘導したのか?を書いていておきますね(`・ω・´)

 

歩くこと

歩く時、足が真っ直ぐに出せなくて、腰からもちあげで外まわりに脚をだして歩く。

これを直すには、太もも前のインナーとお尻のインナーを、使うようにと言われる。

 

脱力により、色々全身の筋肉が1度ゆるんでしまってから歩いている時に感じるのは、

脚を真っ直ぐに出すというのには、さらに背筋、腹筋(へそ下のインナーマッスル?)もかなり重要そう。

 

今年の初め頃だったかな?

少し重いものを持って歩くと、背筋に力が入る事により、足が真っ直ぐ前に出た。

でもその場所はとても微妙な腰の筋肉の1箇所。多分、振り上げる時のバランスなどもそこでとっているのかもしれない。

これは、普通に腹筋背筋をきたえればなんとかなるのだろうか???

今までは、寝転んでお尻上げなどをしても、健康側の腹筋背筋が全てをになっている感じで麻痺側が鍛えられている感じはゼロ。

少し上半身に重りをつけると自然に両方使われるけど、それだと、鍛えるほどはやれない。やらないよりやったほうがいいけど大変(`・ω・´)

 

そして、今。

脱力してさらに何層にもなる筋肉のどこを使って歩いているのか?が分かる。せっかくだから、今こそ鍛えなくては~( ゚д゚)

このよく分かる今は本当にすごい。

麻痺側のへそ下インナーマッスル、背中側の筋肉のダルダルさ。健康側のそれらとの差が豆腐と車のタイヤ??くらい違う(笑)

笑えるほどのアンバランス。

どうりで歩きにくくなっていはずだわ(笑)

 

私が麻痺側で筋肉を付けて意識をしっかり持ててない所が全て筋肉が落ちたんだね。

 

さらに手の話をすると。

未だに脱力により、腕も上手くうごかないけれど、(詳しくは書きませんが精神的なものにより動かなくなっているそうです。)

手は浮腫も特になく、筋肉もメチャクチャおちまくってまた骨が見える。ということも無く。

手はちゃんと骨ばっていて、手首から肩にかけてもしっかりと筋肉は着いている。

麻痺して動かさなくなって動かなくなる。という腕とはあきらかに違う。

最低限ちゃんと筋肉は使っていないにも関わらず維持している。

関節を動かしたり、そういうケアはもしろんしています(*´ω`*)

 

ちなみに、歩く時腕の緊張が取れていてもうまく腕を振れないのは、手首から先の角度が宜しくない可能性大。

見た目はよくても、微妙な角度調節で自然に腕をふることができます。

指もなにげにまだ力を抜いている時、微妙に健康側より指と指の間隔が近すぎたりする。

手首の角度などなども関係してくるっぽい。

 

一番笑えたのが、

なら、指先までピンと力を入れて兵隊さんみたく手をのばしていればいいんぢゃないの??とやってみると、

私の場合、幼稚園児などが初めての行進で体に力が入りすぎて手首から先が内側に少し曲がったようになっりました。(笑)

 

普通って本当に難しいね(o´艸`)

 

あまり良い結果ではないけれど。

 

私が立てた仮説はある意味立証できたのかもしれない。

 

常にほんの少しだけ着いた筋肉を意識。

それにより、維持できる。完璧でない所もあるけど、完全に落ちる事はないし、落ちたか?と思った時にまた意識してみればいい。

 

これは前も書いたかもだけど、難しそうで難しい事ではない。

 

「そこを常に意識」

というと、疲れそうだけど、

 

「常に意識する事を脳が覚えれば」

あとは自然と必要最低限の意識をすることができる。

多分電気信号

 

慣れてしまえばそれが「普通」になるということ。

 

今の悩みは

気力がでないのを薬でなんとかするようにと医者から処方されたけど、

薬を飲むことで、感覚はきっと多少なりとも麻痺する。

一番軽い睡眠薬を飲んだ時のあの感覚の鈍さ。

それ以来、血液サラサラと高血圧の薬しか飲んでいない。

この新たな薬を飲むべきか?

どうしても、必要な時はもちろん飲むつもりだけども。

せっかく手に入れた体の内側まで分かるこの能力は必要だしなぁ(`・ω・´)

 

通所リハビリに行けないけど、どちらを優先させるべきなのかなぁ(`・ω・´)