こまちの脳梗塞日記

穿通枝梗塞に2016年3月6日になり、(当時43才)日に日に動かなくなり、最後には手も足も動かなくなり左半身麻痺〜(・・;)。その世界では結構有名?な先生から「脚はある程度なおるかもしれないけど、運動神経無いから腕は諦めて、新聞とか読むときの押さえることとかに使ってね♪」と言われてからのリハビリ日記なうw

装具をメンテに出す

冬は室内でもゲイトを履いて過ごしているんですが、歩くとキシむ音がするので装具屋さんにメンテをお願いして変わりに小さい装具を借りました。
f:id:komataroutan:20180117225434j:image

 オルトップ↑って名前だったかな?

 

これを履いて歩くと、アキレス腱上に装具が当たって痛い。

友人に履いて歩いてもらうと痛くないという。

この装具を使っている方に聞いても痛くない。とのこと。

 

と、言うことは。

私の麻痺足の歩き方がおかしい。

友人に歩行を見てもらうと、

どうも膝上が弱く、くの字に本来膝が曲がらない方に少し曲がっているとのこと。

反張膝とかいうやつか?

 

これはいい事を教えて貰った(▼ω▼)

 

足のリハ昇降運動、低い階段の昇り降りに決定だな。

 

装具の具合が悪くならなかったら気が付かないで大きな怪我になるまで気が付かなかった可能性があったから本当にありがたい事だ(*´ω`*)

 

とかなんとかいいつつ。

突然の気温上昇と雨とにやられたのか?

気力はおちなかったけど、手足がとんでもなく上手く動かない( ̄▽ ̄;)

 

仕方がないので寝てたらなーんと。

13時間眠っていたという。。。

体調悪いんかなぁ( ̄▽ ̄;)

脳が殺られるというのは本当に恐ろしいわ( ̄▽ ̄)

 

後日聞いた話だと、私と同じ日に体調悪した人沢山いたみたい(+_+)

しゃがむ2

今日はゲイトのきしみをみてもらうために、少し早めに病院へ。

PTさんに意見を聞いてみました(*´ω`*)

 

自然に治るのは教科書では発病から1年以内。

あとはなだらかになおる。

 

しゃがめるようになったのは、

お腹のマッサージや、複式をやりつづけていることにより、腹部の硬さが取れたから??

 

半年以上腹部マッサージをしているのは確か。

ロングブレスか。

 

明日はこの先生が見てくれる日なので、なにか資料を用意してくれるらしーから期待(´∀`*)ウフフ

 

午後からもう1人のPTさんに見てもらうから意見を聞こう(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

------------

看護師さんがよく言う、

脳の詰まった血管が通ってうごくようになったんだね。

について。

 

それはないんじゃないかなぁ。

詰まったり切れたりすると脳が腫れるからそれがおさまってくると、圧迫されていた所が正常に機能することにより、麻痺がなおることはある。

1度死んだ脳細胞は基本的に自然に復活しない。

 

急性期で麻痺になり、突然動く様になったもの以外は、本人の努力のたまものだね(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

と、いうことで、回復期以降、脳の血管の詰まりが取れて突然動くようになるということはない。として、この情報は私の中ではガセネタ処理決定。

しゃがむ

今は朝で布団の中

 

脚の膝から下の体温が暖かい。

 

言い方がへんだね。

 

私は発病前から足は冷え性?でいつもこの季節は氷のように足先は冷たくなって霜焼けになる人でした。

 

でも、今。子どもの頃のように、足が暖かい。

ポカポカしている。

足先まで。

 

そういえば昨日の朝もそうだったなぁ。

 

布団の量もパジャマもいつもと同じ。

 

心地よい(*´ω`*)

 

さて。

昨日のここでの日記に書いたように

体幹トレーニングを始めるために

今の自分の体幹がどのくらいなのか?を昨夜少し試してみたのね。

 

なんと。

思いのほかできた。昨年の秋に実家に長めに帰省したときにもやってみたけど、あの時は1秒もできなかったものが数秒できる。

もちろんかなり不安定。

身体の感覚が違う。

腕が少し動き始めた頃のあの感覚に少し似ている。

ヘチマのたわし

集中して身体の中の感覚をさぐると、そんな感じ。

全く出来ない時はその「ヘチマのたわし」のような繊維質?血管の流れ?もしくはリンパなのかな???神経?は感じることができなかった。

軟体動物のような、クラゲのような身体?とでもいうのか?「支えるものがない」というのが正しい感じ。

 

たしか、一昨年前あたりの腕のその感覚の時はその後、肘から体温が抜けて行くのが治った。

 

ここに記録を残してあるはず。

 

腕の時どうやって体温をとりもどしたのか?

 

うーん。

暖かくなっている時の感じを覚える努力をしていた。

そうだ。「シン、ゴジラ」だ。

それと手首から肘の筋肉、肘の付け根のケンをよくマッサージしていたなぁ。

冬で固くなっていたから。

 

それをふまえて。

今。

昨年の暮れから新しく通所でみてくれるPTさんにスネのところをほぐしまくってもらっている。

そこへの意識がかなりしやすくなっている。

多分それが一番の要因なんじゃないかな??

あとは、たまたまやった、骨密度のためにやったドスドスあたりが呼び水だったか?

 

今も週一ほぐしてもらっているスネがとても暖かく、そのままふくらはぎがかなりいい感じ(*´ω`*)

側面ラインの血流の流れかな?内側膝後ろとスネ外側から膝外側、膝上に流れを感じる。

この流れの感じ方が酷くなると多分「痺れ」になるんだろうなぁ。

よく言う虫唾が走るとかゾワゾワしているとか、いうあれね。

 

「痺れ」の原因はもしかしたら血流を神経が鋭くかんじすぎているのかもしれない。

 

私の場合は、弱い内に身体の中への集中をやめて、それらが拡散して消えてなくなるイメージをする。

PM2.5が中国から流れてくるでしょ?

あれも風が吹けば塊のすごい濃度でも拡散するじゃん?

あんなイメージね(笑)

「るつぼ」できめ細かい粉にして吹き飛ばす感じかな?(笑)

 

話がどんどん脱線( ̄▽ ̄;)

 

えーと、なんだっけ?

 

あ、体幹か。

 

平たくいえば。

昨夜色々ためしていて

これはいけるかも?と思ってしゃがんでみたら、出来た。という話ね(笑)

 

今までは膝ガクガク、後に転がる前につんのめってたのよ。

それ以来どこにも捕まらないでしゃがんだことはなかったの。

だって無理だもん。

 

ある意味、ロクボウに初めてブラ下がれた時みたいだね。

 

先週の通所リハビリでの自主トレで脚を開いてのスクワットを昨年の夏から初めて突然やってみたくなってやった時、その時と比べものにならないくらいの安定があった。

もちろん不安定だけどね。

その時感じた何か。

が昨日現実になったんだね

 

ん?!

発病して1年11ヶ月弱。

回復普通の速さでしてるんじゃない???

 

 

使いつづければよくなる。のは迷信だな

明日は訪問リハの日憂鬱だなぁ。。。

 

あのセンセに言われたのは、まぁ、よく聞くフレーズだわね。

「つかいにくくても動かし続ければうごくようになる」

 

それについては否定はしませんけどね。

 

動かしにくいのに無理やり動かすっていう意味を患者側が理解しているのか?言ってる本人は理解しているのか?

 

してないね。

 

麻痺が出て腕が曲がりやすくなっているのに、車の運転でハンドルを麻痺手で持てとか。。変に力入ったら事故りますよ?

 

「動かしにくい」ものを無理やり動かす。

 

それはどうやって動いているのか考えればすぐにわかりそうなものだ。

 

代償運動により動く。

 

センセがいうには。

それでも動かしていれば弱い所もそのうち強くなって動かしやすくなる。

 

そんな都合よくいかないんだよね。

それで治るのは発病から半年くらいまでだね。

 

発病して一年以上経っている麻痺にそんなものは効きません。いや。動くけど疲れるし痛みが出るんだわ。

私が試してきて言うのだから確実ですよ。

 

代償運動をしてまで動かさないほうが良い理由は

 

必ず癖がついてその癖を取るのはリハビリするより難しい。脳が覚えた事をリセットする作業になるから。

私は無理。

 

私の場合。

大腰筋が弱く代償運動として腰から上がる癖がついていました。どんなに、リハビリしても、筋トレやら色々して大腰筋が強くなっても腰から足を降り出す癖は取れず。

昨年夏に脱力してうまく歩けなくなるまでどうしても治すことができませんでした。

今もその癖は取れておらず。

秋からの腰の上がらない足上げを意識しつづけている。

体幹トレーニングをそろそろ始める予定。

振り出しは真っ直ぐになってきてるんです。

平行棒に捕まりボール蹴りをすると真っ直ぐボールが転がりますから

 

それでも一度ついた癖が抜けない。

 

これが腕だったらかなり悲惨だわね。

筋肉の細かさそれらの全てを正確に肩から指先まで覚えるんですから。

しかも、動くだけでなく、手になにか持って動かす。保持する。ねじる。押さえる。摘む。引っ張る。支える。撫でる。擦り込む。

などなど星の数ほどの動きをする。

さらに、

うでの高さ角度、前横後ろ、手首の捻り、肘を伸ばして、などなど言い始めたらきりがない。

 

それらの動きを実現するには、代償運動があってはならない。

 

さらに分離。

 

持久力。

 

私の目指す所は高いと言うけど、希望的ではなく、正確にやり進めれば実現可能な手の届くものだとおもっているからやっている。

 

この辺を訪問リハのセンセに話しても失笑される始末。

まぁ、発病してもうすぐ二年、冬になると動きにくくなる私の麻痺ですからね。

 

80まで生きるとして、後35年、年をとって健康側も衰え麻痺側は代償運動の代償が出てしまったら、車椅子か寝たきりでしかも身体は痛みがでるだろう。

 

腕に関しては

動く所だけを一生懸命リハビリしている人をよく見るけど。

(足はまだ模索中♪)

もし、「使える手」を取り戻したいのなら。

肩、肘、手先全てを並行してリハビリしないと代償が出てしまい、使い物にならない。

空中で踊るように動かせるだけでいいのなら、気にしなくて良い。

体を起こすとき支えることだけできればいいのなら、私のやり方をする必要はない。

 

なにをゴールとして目指すのか?

本当は皆同じなんじゃないのかな?

 

もちろん、楽な道ではないので、妥協も必要なのかもしれない。

 

今日は、発病して二年少し経つ方から連絡があり、思うように進まない焦りと苛立ちの苦悩を聞きました。

 

それでも歩きたいという気持ちが伝わってきました。

 

この病気の、麻痺は人それぞれで同じ麻痺が居ない。

やるリハビリはその人その人の環境でも違うにしろ、やる事は同じ。

そのやる事をいかに自分のやりやすい方法でやるのか?

それにどうやって気がつくのか。

分かってしまえばそうむずかしくないけど、理解?分かるのがどの人も難しい感じ。

 

クイズや、テレビでよくやってる写真が気が付かない内にかわっていくやつと、似てて、答えを聞けば、「あーねw」なんだよねw

 

どうやったら上手く伝えられるんだろう(+_+)

 

そして、今の訪問のセンセどーすりゃいいんだろー=_=

やっぱり憂鬱だわね。

 

明日、ちゃんとマッサージしてほぐしてくれないでリハビリをするようなら変わってもらおー。

直に私の首とか肩に触るのを嫌がる人だしね。

明日はタオルでも用意しとくか。

それにしても、今回の所はなんにも記録を書いてくれないんだよね。
f:id:komataroutan:20180115002632j:image

↑こーゆーやつねw

うそん( ̄▽ ̄;)骨密度続きw

ちょっと自分のことなんだけど眉唾な話しね。

「骨密度」を書いたあと、ゲームしてたんだけどねw

今年に入ってから健康な方の、背中が肩甲骨から腰上まで痛いのよ。

リハビリの先生が言うには、肩甲骨まわりがめちゃくちゃ固くなっている。んだって。

 

ゲームしてたらそこが痛くなってきて、

『 肩甲骨が固くなってるっていってたなぁ。。。よし(▼ω▼)』

肩回しや肩の上下運動程度ではどうにもならんわけよ。

昨日だかテレビでやってたゼロパンチ?

多分あれやればええな(▼ω▼)

 

と、言うわけで、ゼロセンチパンチ?()ゼロインチパンチ?の肩周りの動きだけを取り入れて

横にパーンチ(*゚ー゚)=○)゚O゚)パンチ!

真上に(*゚ー゚)=○)゚O゚)パンチ!

斜め上に(*゚ー゚)=○)゚O゚)パンチ!

前に(*゚ー゚)=○)゚O゚)パンチ!

角度変えて(*゚ー゚)=○)゚O゚)パンチ!

このへんはもうゼロセンチパンチじゃない(笑)

ふふふふふふ(▼ω▼)いい感じ

肩甲骨周りに強い振動w

肩甲骨下の筋肉にもちゃんと動きを感じる

ええ感じだわね(´∀`*)ウフフ

動かしやすくなったので、肩甲骨から伸ばす動きの(*゚ー゚)=○)゚O゚)パンチ!

 

振動振動筋肉が緩む~(´∀`*)ウフフ

 

振動!

振動!

 

振動ね。(´・ω・`)

 

足に応用できるかもしれん。

すわってドスドス足踏み。

踵からドスドス。

お。(´・ω・`)

 

これ、良いんでないかい?

今週外側のスネを揉みほぐしてもらった所が振動と痛み(揉み返し。これは私がそのくらいやってほしいと頼んだもの)でとてもわかりやすい。変な話。硬さがほぐれていく感じ。

 

なんというんだろう。

ほら、あれだ。

瓶に砂を入れて、トントン振動を与えると空気が抜けて圧縮?するようなあんな感じ。

と、同時に足の裏の指の骨につながっている傘の骨みたいなのが開いて行く感じ。

 

足の指が動かしやすいぞ。

 

どーなってるんだ( ̄▽ ̄;)

 

今まで自主リハビリで負荷をかけることをやってきたのは

速さ

体重移動

立った状態での平行棒を使った腕立て

棒をもって振る

 

これだけでは足りなかったんだね。

 

動かさなくなると筋肉が固まってしまう。

そうするとますます動かなくなるといっていたから、もしかしたら、衝撃をあたえるといいのかもしれない。

 

面白いからしばらくやってみよー(´∀`*)ウフフ

 

注意!

本当に効果があるのか分からないのと、かなり危険なので真似しないでくださいね( ̄▽ ̄;)

 

 

 

骨密度

なぜ突然骨密度なのか?!

 

たいした理由じゃないんですよ( ̄▽ ̄;)

テレビ何気に見てたら自転車競技の人は骨密度が低いというのをやっててね

 

へー???とおもいながら見てたわけ|ω・)

 

理由は骨に刺激、重量?がかからないかららしー

 

Σ(=ω=;)ギク

 

麻痺足ヤバくない?

いや、確実ヤバいな( ̄▽ ̄;)

 

私は30前半から後半までの6年近く空手実践系護身術をしていたんだけど、その頃の骨密度は20代と人間ドックで評価されてた。

打撃、受け身、サンドバックでのローキック~ハイキック、パンチ練習などなどしていたから骨密度が高かったんだと思われる(笑)

 

現在。

麻痺足ジャンプしても着地はイマイチちゃんと地面をしっかり捉えることが出来ていない。

それどころか、ジャンプするほどの機能が麻痺足にはないぞ。

健康な足で片足でジャンプして着地ではいみがないなぁ。。。

この寒さで内反が出やすくなってるのもあるけど、内反がでていなくても、危険すぎてジャンプはむり

 

さてどーやって衝撃を足にあたえるかなー。

安全な方法考えないとなー。

 

刺激と一言でいうけど、

テレビでいってたのはマラソンランナーは骨密度は高いらしー

 

マラソンで足が着地した時地面から足へそのまま上に胴体の方へ刺激が行くはず。

それは、考え方によっては、足の裏からの刺激でなくてもいいのかも?

 

ローキックありかも?

 

椅子にすわって膝にある程度の重さのものを落とす。

これも有りなのかもしれない。

ドッチボールくらいの速さのボールを受け取るのもいいかも?

でんぐり返しも、ありかな?

 

とにかく骨密度は下げたくない。

圧迫骨折なんてこの年齢からやってられんし、それこそ、リハビリが全て無駄になる。

 

二年近くまともに動けないとどのくらい骨密度がさがるんだろう(´・ω・`;)

 

 

 

 

 

たちもどる

さて、年も開けて、社会人は会社も始まって日常が戻る本日。

 

お立ち寄りの皆様今年も皆様にとって良い年になりますように♪

 

私もリハビリ生活に戻ることにします。

やっぱりあれだね。

脚は室内を歩き回るだけでも維持できるっぽいけど、(足首は別( ̄▽ ̄;))腕はそーはいかない。

年明け前後あたりから、眠っていると、手の指がグーに強く握られて痛みで目が覚める。

当然手首から肘の間の内側はパンパン。

今回は、中指薬指の曲がり方が酷い。

親指はなにか肩より上、腕を真横に伸ばして手のひらを上向きにしてなにかする時に曲がる。

たーしか、昨年の春にそれを治すことを訪問の先生としていたような?

 

中指の強い曲がりは、無意識で曲がる時頭に浮かぶ映像が、昨年の最後の訪問の先生が「川平法」っぽいことを無理やりやってくれたんだけど、その時のイメージ映像。

 

昨年の最後の訪問の日あたりで具合がわるかったのは中指が曲がりやすくなっていた。

それを聞いたOTさんは、川平法っぽいことを1本の指に20回づつしてくれたんだけどね。

中指は5回ほどで第2関節で強く曲がり麻痺が酷くでてきたのね。(言い方がへんかな?)

その時の感じは、肘から手首の内側がガキってほどの硬さになった!こりゃやべぇやつだ!!!

でもOTさんは川平法っぽいことをむりくりしつづけ、中盤から中指は曲がるだけで伸びなくなった。

 

あの時の映像だ。

 

多分、私の脳はそれを認識して覚えたな。。。

 

あのOTさんは伸びきらなくなったのに無理やり川平法をつづけたのは、私の麻痺の状態の誤認識。見誤りだろう。

こんなリハビリをつづけられると多分指は動かなくなるだろう。

やっぱり、私の発病してからの麻痺を信じてもらえないのは普通なのかもしれないけど、少し関わり方を考えてなくてはいけないな。

リハビリ通院でやってもらっていた川平法とは程遠い。

もしくは。

訪問の手のリハビリはもうやるべきではないのかもしれない。

ある程度は自分でメンテナンスできるだけの知識はある。

かなり勉強したからね。良い先生からの指導も受け続けてたし(*´ω`*)

 

今こそ過去の自分の記録を読み直す時だね!